本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎 本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎

東京杉並区 荻窪「中華 光陽楼(こうようろう)」ぷるっと柔らか餃子をレビュー

50年近く、荻窪民のお腹と心を満たして来た「中華 光陽楼(こうようろう)」。

みんな健康を考えた、優しさのこもった料理ばかりを揃えております♪

「光陽楼」の餃子は売り切れてしまことがあるほどの人気商品!

お二人の姿が映ったような餃子は、食べるとホワッとした優しい気持ちになれますよ☆

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並区 荻窪「中華 光陽楼(こうようろう)」について

荻窪駅北口から8分ほど歩いた所にある光陽楼。


駅からは少し離れた四面道にある、バス通り沿いの商店街なのですが、お店の目は車通りが激しいので、ご注意下さい!

赤レンガの壁には、メニューが埋め込まれていたり、ガラスケースには食品サンプルの料理の数々が並んでおりました。


特に気に入ったのが手作りだと思われるバス停です♪

時刻表のところにはメニューと営業時間が書かれています。

ありそうでなかった?

「光陽楼(」の前をバスがよく通るので、考え付いたのでしょうか?

筆者は大好きです♪

バス停といい、店構えといい昭和の香りがプンプン。

入口の引き戸も二重扉なっていました!

二重扉は寒冷地のイメージだったので、ちょっとびっくりしました。

入店すると、老舗中華店とは思えぬほど、清潔感あふれる店内は、隅々まで掃除が行き届いているのが、とてもよく分かります。

道路ぎわに面しているのに、車の音がほとんど聞こえません。

二重扉はこのためかもしれませんね♪

広々とした店内は、カウンター席はなく、テーブルが数卓並んでいました。


先客のお客様が、餃子とタンメンを食べて1日の疲れを癒しています。

餃子を頬張る姿を見て、ヨダレがじゅるり。

早くメニューを見ましょう!





「光陽楼」にも魅力的なメニューばかり並んでいます。

最近よく目にする「杉並区 健康づくり応援店」。

「光陽楼」も任命されておりました。

「杉並区 健康づくり応援店」とは、皆様の健康的な食生活を応援するお店を、健康づくり応援店として登録しているそうです!

「光陽楼」が登録されるのも納得。

メニューの一番後ろには、栄養価と野菜量を記載したページがありました!

さてさて、お目当ての餃子は?!

一品料理のトップバッターを飾っておりました♪

お腹が空きました!いただいていきましょう☆

餃子(6個 500円/税込)

ぷっコップにそそがれた水をグイッと飲み干すと、それに気づいた優しい微笑みの奥さんが、ピッチャーを持って来てくれました!

テーブルには、餃子のお供と共にうちわが置かれており、こういった小さな気配りとっても嬉しいですよね。

ジーンとしていると、餃子が届けられました!

おお!きれいな三日月型☆

なかなかなサイズです。

ひだは大きめに折られています♪

ぷるとした皮の中には、醤油ベースの柔らかな餡は豚肉とキャベツとシンプル。

皮の香ばしさとホワッと優しい餡が合わさると絶妙の風味が味わえ、ニンニクのほのかな香りが後を引くうまさになっておりました♪

マーボーつけ麺定食(/900円税込)

「杉並区 健康づくり」メニューの“タンメン”ではなく。

“マーボーつけ麺定食”をオーダー♪

“タンメン”じゃないんかーい!!!って突っ込まれそうですが、メニューを見たときから気になって仕方なかったのです。

注文する際、「辛いですが大丈夫ですか?」という気遣い。

どこまで、気配りができるのでしょうか?!

「大丈夫です!」と元気に返事をして、筆者は初体験の“マーボーつけ麺”を待ちましょう☆

「お待たせいたしました。お熱いのでお気をつけください。」と届けられた“マーボーつけ麺”♪

マーボー豆腐と麺だけでなく、ご飯と野菜のナムルと、なんとも嬉しい味付けのり!

贅沢セットになっております。

見た目には熱そうに感じなかったマーボー豆腐ですが、レンゲを入れた瞬間もくもくと湯気が現れました。

マーボー豆腐のみでいただくと、花椒の痺れがしっかりと感じますが、辛さはそれほどでもなく、日本人向けのマーボー豆腐!

筆者の大好き味です。

しっかりとろみが付けられたマーボー餡は、なかなかの太麺によく絡みますね。

“うっまー”と声を出して言いそうになりました。

マーボー豆腐をごはんに乗せてそのまま食べてもよし、マーボー餡が絡んだご飯を海苔を巻いて食べてもよし!


マーボー麺とマーボー丼の両方が味わえるという、お得感満載の最高の定食でした♪

東京杉並区 荻窪「中華 光陽楼(こうようろう)」

店舗詳細

住所:東京都杉並区天沼3-12-7

電話番号:03-3392-2929

営業時間:
11:30〜15:00 (LO14:30)
17:30〜23:00 (LO22:30)

定休日:

毎月10日
毎月20日
毎月30日
毎月31日

最寄り駅:JR中央・総武線 荻窪

アクセス:JR中央・総武線 荻窪駅北口 徒歩8分

メニュー

    一品料理

  • 餃子 6個 500円
  • シューマイ 500円
  • 肉野菜炒め 850円
  • レバニラ炒め 850円
  • レバ味噌炒め 850円
  • マーボー豆腐 850円
  • めん類

  • ラーメン 500円
  • ワンタンメン 700円
  • チャーシューメン 700円
  • サッポロ味噌ラーメン 700円
  • サッポロ醤油ラーメン 700円
  • タンメン 700円
  • 五目そば 850円
  • >

  • 五目焼きそば 850円
  • かた焼きそば 850円
  • ジャージャーメン 800円
  • ご飯類

  • チャーハン 650円
  • マーボー丼 750円
  • 中華丼 750円
  • 定食

  • 肉野菜炒め定食 800円
  • レバニラ炒め定食 800円
  • 麻婆豆腐定食 800円
  • 酢豚定食 800円
  • マーボー豆腐つけ麺定食 900円
  • *他多彩なメニューを用意しております。

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並区-荻窪「中華-光陽楼こうようろう」/

東京杉並区 荻窪「中華 光陽楼(こうようろう)」まとめ

街中華の実力店が多い荻窪で、駅から少し離れているにも関わらず、50年近く変わず、荻窪民に愛され続けている「光陽楼」。

店主さんや奥様の人柄がよく出ているお店は、ゆったりとした空間が生まれ、居心地がよく、くつろげる空間になっております。

まさに、静かで落ち着く街中華の代表格ではないでしょうか?

初体験の“マーボーつけ麺”は、リピート間違いなしのうまさでした♪

一口食べると、ホワッとした優しい気持ちになれる「光陽楼」の餃子はぜひ味わっていただきたいです!

帰り際に、ご夫婦で挨拶してくれて、“また来ます!”と心で叫んでおりました♪

また1つ大好きなお店が増えました☆

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-