本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎 本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎

阿佐ヶ谷「光陽軒」で絶品ギョーザとオムライスをかっ食らう

阿佐ヶ谷「光陽軒」は、地域密着型で根を張った古き良き町中華屋さん&定食屋さん。

地元の方々の憩いの場として広く愛されている「ザ・町中華」なお店です。定食メニューにはこれでもかというボリュームのおまけがついてくるので、お腹いっぱいになること間違いなし。

中でもオムライスとギョーザは絶品なんです!

昔懐かしの柔固なたまごに、ケチャップのにおいがかぐわしいチキンライス。そして、細かく刻まれたニンニクとジューシーな餡がナイスなギョーザ。

最高です。

ということで今回はそんな阿佐ヶ谷「光陽軒」のオムライスとギョーザをまるっとレビューしていきたいと思います( `ー´)ノ

食べログで予約はこちらから↓

阿佐ヶ谷「光陽軒」について

阿佐ヶ谷「光陽軒」はJR中央線阿佐ケ谷駅北口を出てからわずか徒歩4分!

賑わかな商店街を抜けて細い路地に入ると、その曲がり角に立ったお店の赤い看板が見えてきます。


店内には厨房に面した5席くらいのカウンターに、2人がけのテーブルが2つ。

穏やかな店主さん熟練の手捌きをまじまじと拝見しながら、壁際のテレビで野球中継を見るなんて贅沢なひと時を過ごすことができます(・ω・)

ちょうど高校野球が放送されていたので、その溢れんばかりの情熱を見守ります。


ということで壁際のメニュー表を物色。

町中華にきたならば押さえておきたい数々の品目。いつもながら目移りしてしまいそうなラインアップです。

今回は来る前から決めていたお目当てのギョーザ、

そして人気メニューのオムライスを注文することにしました。

阿佐ヶ谷「光陽軒」 ギョーザ(400円)


まずはお待ちかね阿佐ヶ谷「光陽軒」のギョーザからいただきます!

一般的に想像できるような餃子と同じくらいのサイズ感。

皮は厚めでしっかりと焼目が付けられています。パリパリ感と一緒にもちっとした生地の弾力が伝わってきます。

細かく刻まれたニンニクのほのかな刺激が最高です!においもきつくなく、しっとりとした餡全体に活力みたいなものを与えます。

ジューシーさは高め。餡の中に染み込んだ肉汁と旨味エキスがじゅわーっと迸っていきます。野菜やお肉は優しく練り込まれてるので、シャキシャキっというよりもしっとりとした印象の味わい。

これぞ町中華のギョーザといった感じのキュートな一品でした(‘ω’)

阿佐ヶ谷「光陽軒」 オムライス(700円)

餃子を半分くらい堪能したところで、続いてはオムライスが到着!

柔らくもあり、固くもあるといった、昔懐かしのたまご。しっかりとチキンライスを包み込んでいます。

「お前ら、最近はみーんな半熟とろーりばっかり。俺のこと、忘れてねーか?(‘_’)」

そんなおセンチな声が聞こえてきそうな感じです。


この厚みのあるたまごの堅実な食感が、ケチャップのまろやかさを纏ったチキンライスと絡んでいきます。チキンライスの濃厚かつシンプルな味わいがたまごの甘みによって穏やかになって、やさーしく口の中に広がっていきます。


添え物のスープとしてつけられているのは、ボリューム満点の半ラーメン!普通ならば別メニューとしてお金を取られそうなくらい量が多くて、めちゃくちゃ嬉しい!

あっさり爽やかな醤油スープがチキンライスの濃厚さをすっきりとまとめあげてくれます。

ずるずるとラーメンを食らい、オムライスを食らい、ギョーザを食らい、

テレビでやっていた高校野球の熱気にも押し負けずもりもりと完食してやりました(・ω・)

阿佐ヶ谷「光陽軒」の店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区阿佐谷北2-17-3

電話番号:03-3339-6939

営業時間:

定休日:

最寄り駅:JR中央線【阿佐ケ谷駅】

アクセス:JR中央線【阿佐ケ谷駅】北口 徒歩4分

阿佐ケ谷駅から188m

メニュー

  • ラーメン500円
  • ワンタン500円
  • 大盛ラーメン600円
  • モヤシソバ600円
  • タンメン600円
  • ワンタンメン600円
  • 北海ラーメン600円
  • 味噌ラーメン600円
  • カレーソバ600円
  • ソース焼きソバ600円
  • カタ焼きソバ600円
  • 五目ソバ800円
  • 五目ソース焼きソバ800円
  • 五目カタ焼きソバ800円
  • 肉ソバ800円
  • 天津メン800円
  • チャーシューメン800円
  • 野菜炒め400円
  • ギョーザ400円
  • オムレツ400円
  • ニラ炒め400円
  • ニラレバ炒め500円
  • 野菜ウマニ500円
  • 肉豆腐500円
  • マーボウ豆腐500円
  • トンカツ600円
  • 焼肉700円
  • 肉ウマニ800円
  • カニ玉1000円
  • スブタ1000円
  • ライス200円
  • チキンライス600円
  • チャーハン600円
  • ギョーザライス600円
  • 野菜炒めライス600円
  • ニラ炒めライス600円
  • ピーマン炒めライス600円
  • カレーライス600円
  • 玉子丼600円
  • 親子丼600円
  • 中華丼600円
  • 天津丼600円
  • オムライス700円
  • マーボウ豆腐ライス700円
  • ニラレバライス700円
  • ウマニライス700円
  • スブタライス700円
  • 肉豆腐ライス700円
  • カツ丼700円
  • カツライス800円
  • 焼肉ライス900円
  • 野菜スープ400円
  • 玉子スープ400円
  • ビール(大)650円
  • ビール(小)450円
  • 水割り一パイ400円
  • 焼酎一本3000円

日本一の餃子情報専門サイト
https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/光陽軒/

阿佐ヶ谷「光陽軒」のギョーザとオムライス レビューまとめ

今回は阿佐ヶ谷「光陽軒」のギョーザとオムライスをまるっとレビューしてまいりました!

ほのかなニンニクの刺激が印象的なギョーザでした。肉汁や素材の旨味エキスをふんだんに染み込んだ餡がとってもしっとりしていて、濃厚ながらも食べやすく、優しい味わいです。

店主さんたちの親切で優しい性格が反映されているのかもしれません(*^^)v

定食ではひとつのメニューにけっこうな量のおまけをつけてくれるので、満腹感が満たされること間違いなし。

阿佐ヶ谷「光陽軒」はJR中央線阿佐ケ谷駅北口を出てからわずか徒歩4分!是非一度この昔ながらの本格町中華をお楽しみあれ!

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-