東京杉並区 荻窪「嘉楽飯店(からくはんてん)」うまみたっぷりな餃子たちをレビュー

長年修行を積んだ店主さんが、腕を振るう本格中華が味わえるお店。

「嘉楽飯店(からくはんてん)」。

中華料理をもっと気軽に、お酒を飲みながら楽しんでほしい!

そんな思いから、年齢性別を問わず、すべての人に楽しめるように全てにこだわりを持って提供してくれるお店です。

本格的だけど、日本人に合わせた味に仕上げてくれている餃子は絶品です!

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並区 荻窪「嘉楽飯店(からくはんてん)」について

2017年7月オープンに荻窪にオープンした「嘉楽飯店」。

JR荻窪駅南口、地下鉄丸ノ内線 荻窪駅 南口a出口から出て、フィットネスクラブや、コッペパン屋さんなどが並ぶ道を真っ直ぐ進みます。

5分ほど歩くと、青梅街道が見えてきます。

その手前にひときわ目立つ看板が!そこが「嘉楽飯店」です!


「嘉楽飯店 」は本格中華 食べ飲み放題がメインのお店ですが、単品で料理を楽しむこともできますよ。

夕方5時過ぎにお邪魔すると、感じのいい店員さんが「予約のお客様ですか?」と訪ねてきました。

予約せずに来店したので、予約が必要だったのかと、ハラハラしてしまいましたが、20時までなら大丈夫とのことで、ひと安心♪

案内された席に着きました。

店内は、中国で魔除け・厄除けとして用いられている唐辛子のモチーフが飾られていました!


なぜ魔除けかと言うと・・・

強烈な赤が太陽や火を意味し、悪鬼を焼き払うという説や、あの辛さが悪霊を追い払うという説など、さまざまなものがあるそうですよ♪

それに中国では赤は「福を呼ぶめでたい色」という特別な意味もあるそうで、魔除けができ福を呼べる一石二鳥の飾りなのですね!

感じのいい店員さんも、本場の方のようで、中国語で厨房にオーダーをしていました。

これまた、中国にいる気分を味わえるお店です。

さっそくメニューを拝見♪







豊富なメニューが揃っています。

赤い☆のマークが付いているものは、食べ放題コースで頼めるメニューだそうですよ!

我らの餃子は4種類☆

食べ放題メニューにもエントリーされております。

さっそく注文していきましょう!

自家製焼き餃子(5個 380円/税込)

無事に注文が終わると、予約のお客様が続々と来店!

気の会う仲間同志なのでしょう。

会話を弾ませながら入店、宴がスタートいたしました!

一気にオーダーが入り、お酒をまとめて持ちながらも、テキパキした動きをする店員さんに感動していると、

自家製の焼き餃子が届けられました♪

こんがり焼かれ、ぷっくりしたお姿。

おいしいのには間違いありません!

大きめの体には、美しく織り込まれたひだが♪

皮からうっすらと見える、餡はたっぷり入っていることを物語っています。

さっそくパクッと!

まず、ニラの食感んがこんなにもおいしいのかと驚かされます!

餡にたっぷりと、コクのあるスープを練り込まれているのでしょう。

とっても柔らかな餡に仕上がっています。

お皿の下に滴り落ちるほど、スープをたっぷり含んでいますが、優しいお味になっています。

筆者は、スープのうまみを感じて欲しいので、このままいただくことをおすすめしますが、テーブルに用意されている、酢醤油+ラー油をつけて、少し刺激を与えても、もちろんおいしいですよ☆


水餃子(6個 280円/税込)

本場の方が営むお店で、楽しみな1つが水餃子です♪

皮がメインの水餃子は、皮のこだわりがあり、各お店によって違い、しかも、餡はとてもシンプルなため、それぞれの個性をしてる餃子ですよね。

「嘉楽飯店 」の水餃子は、小ぶりでとても歯切れにいい皮です♪

餡には、干しエビとキャベツニ、ニラ 、しいたけが細かく刻まれ入っています。

干しエビやしいたけなどのうまみと香りをたっぷり含んだ餡。

餡のスープが皮に染み込んでたまりません!

皮にたっぷり染み込んでいるのにも関わらず、どう頑張っても、中のスープが飛び出てしまうほどたっぷりうまみを含んでおります☆

海老蒸し点心(4個 680円/税込)

筆者の大好物の海老♪

「嘉楽飯店 」にもいらっしゃいました!

皮が艶やかですね。

プルプルの皮から、うっすら見えるピンク色が本当に愛おしいです。

サイズは小ぶりですが、パンパンなお腹。

この小さい体の中に、エビがプリッと入っていて、小ささを感じさせない存在感です。

餡は、ちょうどいい塩梅で味つされているので、何もつけずにパクッといただきました♪

半透明な皮に優しく包まれた餡の中に“コリっ”とエビさんと出会えるたびに、口の中が快楽に!

辛味餃子(6個 580円/税込)

あっという間に3品食べ終わってしまい。

本日最後の餃子になってしまいました。

“辛味餃子”とても気になるネーミングですよね!

辛味なので、四川でポピュラーで、オヤツ代わり食べている紅油水餃子(ホンユースイジャオ)みたいなものかなーと思っていたら、違っていました!

「麻(マー)」のしびれ、「辣(ラー)」の辛味の感じるソースが、かかっております。

かじった瞬間スープ飛び散るほど、スープを蓄えており、優しいスープを含んだ餡が、シビ辛のソースと絡み、ちょうど良い辛さを生み出してくれます。

ゴマのプチプチの食感や香りも加わり、さらに美味しさを引き立ててくれていました☆

東京杉並区 荻窪「嘉楽飯店(からくはんてん)」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区荻窪3-48-10 出川ビル 1F

電話番:050-5594-5760

営業時間:
ランチ11:00~15:00(L.O.14:30)
ディナー17:00~24:00(L.O.22:30)

定休日:
日曜日
GW

最寄り駅:
JR中央線 荻窪駅
地下鉄丸ノ内線 荻窪駅

アクセス:
JR中央線 荻窪駅 徒歩5分
地下鉄丸ノ内線 荻窪駅 南口a出口 徒歩5分

メニュー

    *表示価格は全て税込です

  • 水餃子 280円
  • 辛味餃子 580円
  • 自家製焼き餃子 380円
  • 海老蒸し点心 680円
  • 麺類

  • 醤油ラーメン 600円
  • タンタン麺 780円
  • 野菜ラーメン 680円
  • 豚骨ラーメン 680円
  • 五目あんかけラーメン 880円
  • 海鮮ラーメン 980円
  • 焼きビーフン 680円
  • 上海焼きそば 680円
  • 海鮮焼きそば 880円
  • 海鮮かた焼きそば 880円
  • 海鮮焼きビーフン 880円
  • ジャジャー麺 780円
  • ご飯類

  • 玉子チャーハン 580円
  • 五目チャーハン 680円
  • 高菜チャーハン 680円
  • キムチチャーハン 680円
  • 角煮入りチャーハン 880円
  • エビチャーハン 880円
  • カニあんかけごはん 980円
  • 中華丼 680円
  • 春巻 280円
  • もち団子 280円
  • 胡麻団子 380円
  • シュウマイ
  • 3ヶ480円

    5ヶ680円

    3ヶ480円

    5ヶ680円

  • ショウロンポウ
  • 3ヶ480円

    5ヶ680円

    *他多彩なメニューを用意しております。

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並区荻窪「嘉楽飯店からくはんてん」/

東京杉並区 荻窪「嘉楽飯店(からくはんてん)」まとめ

地元の人だけでなく、仕事帰りやお友達との飲み会にも最適な「嘉楽飯店」

11:00~ランチ営業もしているので、お買うものついでに、少し足を伸ばせば、本場の味を味わえます。

笑顔で対応してくれる感じのいい店員さんが出迎えてくれますよ♪

残念ながら、“海老蒸し点心”は食べ放題メニューに含まれていませんが、他3品の餃子たちは何度でも味わえてしまいます!

食べ放題にすれば良かったと後悔するほど、何枚でも食べたくなる餃子ですよ☆

「嘉楽飯店」で“おいしいく楽しい”時間を過ごしてはいかがでしょうか?

嘉(jiā)(よい、立派な、おいしい)

楽(lè)(嬉しい、楽しい)
飯店(レストラン)

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-