本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎 本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」クラフトビールに合う至極の餃子たちをかっ食らう

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」は、クラフトビールと餃子を掛け合わせたダイニングバー。

数々の個性豊かな変わり種餃子と共に、それに合わせた多彩なクラフトビールが味わえるお店です。

おしゃれで静かな雰囲気の中で気軽に上品なビールたちを堪能できるということで、女性の方にも人気を博しています。

ビール通が慣れ親しむ奥深い品から、ビールが苦手な人でも気軽に楽しめるフルーツ系の品まで、

そして餃子の種類もそれに合わせ、鰹や納豆、キムチなどを使用したメニューから、お店オリジナルの「チリポヨ」なる逸品まで、まさに多種多様です!

今回はそんな阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」の人気餃子メニューの中から4種類をピックアップし、まるっとかっ食らっていきたいと思います( `ー´)ノ

食べログで予約はこちらから↓

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」について

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」まではJR中央線阿佐ケ谷駅より徒歩2分!

駅から続く一歩道を抜けていく途中、黒い背景に浮かび上がった鮮やかな餃子のマークが発見できます( `ー´)ノ


店内に入ると優しい女性の店員さんがほんわかした笑顔でお出迎えしてくれました。そのまま促され、中央のテーブル席へ。

バーカウンターのような席に描かれたストリートアートの迫力。

お店のおすすめが記載された彩り豊かなチョーク看板。

おしゃれなバーといった品格と同時に、ハワイアンレストランのような賑やかさもあって、気分は落ち着き払いつつも、どこか晴れ晴れ。思わずニヤニヤした笑みがこぼれてしまいます。


ひとまず「国産クラフトビール★今夜の6種類」をちらり。パンクな名前に飛びつき、「コリアンダーホワイト」なるクラフトビールを注文し、思い切りがぶっといきました。

うはははは(*´Д`)

すっきりとした爽快感とほんのりとした甘さに、ちょっぴりスパイシーさをも兼ね備えたミステリアスな味わいです。動向を探っていましたが、その魅惑的な泡立ちと色気に負けてがぶがぶといってしまいます。

「夕張メロンエールなんかもおいしいんです。ほんとにメロンそのまんまって感じの味で、ビール飲めない人でも大丈夫なんです」

店員さんの言葉に取りつかれてそのまま調子に乗り「夕張メロンエール」なるものも注文することに。

左側がコリアンダーホワイトで、右側が夕張メロンエール。(どちらも量を飲んでしまってします。)

夕張メロンエールはコリアンダーホワイトのすっきりとした味わいに比べて濃厚さが際立ちます。

お店のかたのいう通り、メロンの味がそのままビールになったような香り高い甘みを讃えていて、それでいて爽やかで飲みやすいのですが、しっかりとアルコールの脳天を突く刺激が筆者を襲います。

「食べる前にビールを二杯飲むわけには(>_<)」

というわけでくらくらした頭でメニュー表を物色。


その名前を聞いても美味しそうな、多種多様な餃子たちが犇めき合っています。自家製の窯で焼いたピザもそそります。

今回は直観に従って、4種類の餃子たちに厳選することにしました!

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」の人気餃子メニュー

プレーン焼き餃子(450円+税)

まずは「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」のプレーン焼き餃子からいただきます!

お腹周りがぷっくりとしなっていてちょっぴり大きめなサイズ感。端正な焼目が目の保養になります。


一口がぶっとかぶりついてみると、仄かなニンニクの刺激と共にジューシーな餡がお目見え。

強い肉肉しさとは裏腹にほんのりとした甘さが奥から追いついてきて、ニンニクの攻撃的な側面までも穏やかなに変えていきます。

全体的にとってもボリューミー!肉感的で噛み応えがあって、皮のもっちり度合いも強めです。

すぐさまコリアンダーホワイトをごくり。

ふふふふ(*´Д`)

クラフトビールならではの軽快な泡立ちが餃子のジューシーさをさらーっと滑り落とすような優しい余韻が広がっていきます。

カツオのなまり節/気仙沼産(600円+税)

続いては鰹ならではの風味が印象的な「カツオのなまり節」をいただきます!


挽き肉を代わりに鰹のなまり節が使用されたこの一品。鰹の身から発せられるさっぱりとした美味しさと食感がチャームポイントです。

野菜も殆ど入っていないながら強いシャキシャキ感を主張して、鰹のシャープなインパクトと一緒に賑わいを窺わせます。

なまり節への味付けは和風テイスト。醤油ベースのあっさりとした風味が染み込んでいるので、噛めば噛むほどその美味しさが溢れ出てきます。

あっさりとしていながらしっかりと濃厚で口の中にインパクトを残していきました(‘ω’)

言わずもがな、鰹の風味との共通点が多くあるため、クラフトビールとの相性も最高です!

海老おろしゆずぽん(650円+税)

続いては心地よい酸味が強烈な「海老おろしゆずぽん」!

さきほどの二品も十分ボリューミーで大きめでしたが、海老おろしゆずぽんはそれらよりも大きく、貫禄があります。

それもそのはず。

中にはこんなにも色鮮やかな巨大海老がごろっとぶつ切りで入っているんです(*´Д`)

大根おろしにたっぷりと染み込んだポン酢の爽快感が、もっちもちな皮と絡んでめちゃうまです。

かなり皮がぶ厚めなので、しんなりもっちり。弾力もけた違いに強くて食べ応えがあります。

そこにぷっりぷりな海老の破壊力抜群な食感が追いかけてきて、ポン酢がキュッとしめてくれて、まるで一本の完成されたプロットをなぞっていくようでした(‘ω’)

アボカドチーズ本わさび添え(650円+税)

最後に渋くて大人っぽい味のわさびが素敵すぎる「アボカドチーズ本わさび添え」をいただきます!

やはりこの逸品の衝撃ポイントは、淡く脆く鈍く光る艶やかなわさび(・ω・)

刺すような尖った辛さでもなく、攻撃的でじとっとした辛さでもない。

このわさびが中から溢れるまろやかなチーズのコクをやさーしく刺激していくんです。

まるで老成した男性によるスマートなエスコートを連想させます。

チーズも濃厚でクリーミー。軽く伸びるようなやわな野郎ではありません。ほどよい弾力を備えていて、アボカドのほくほくした甘みを支えています。

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」の店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区阿佐谷南3-34-15 1F

電話番号:03-6313-0810

営業時間:17:00~翌1:00(L.O.翌0:30)

定休日:不定休

最寄り駅:JR中央線阿佐ケ谷駅

アクセス:JR中央線【阿佐ケ谷駅】徒歩2分

メニュー

*下記メニュー価格は全て税別です。

焼き餃子

  • プレーン450円
  • 青しそ500円
  • 梅のせ青しそ(紀州南高梅)600円
  • 海老塩(ブルターニュ岩塩)600円
  • カツオのなまり節(気仙沼産)600円
  • ほたて小柱チーズ600円
  • チリポヨ(チーズ入り600円)550円
  • 韓国キムチチーズ600円

水餃子

  • ぷりぷり海老600円
  • おろしゆずぽん600円
  • 海老おろしゆずぽん650円

クリスピー(揚げ)餃子

  • KITSUNE(納豆)500円
  • 赤いKITSUNE(チリポヨ納豆)600円

スープ餃子

  • ねぎ塩(うす塩仕立て)650円
  • 辛葱湯(ツンツォンタン/納豆入り餃子)650円

石窯Pizza(自家製)

  • NYチーズ S/600円 M/800円
  • アスパラベーコン S/800円 M/1000円

餃子を待つ間に

  • かぶと粒マスタードのピクルス300円
  • オニオンライスと燻製鰹480円
  • 燻製チーズ2種盛り480円
  • 細切りきゅうりとチリポヨ600円
  • よだれ鶏(X.O辣醤仕立て)480円
  • 厚切りベーコン(5種類スパイス)500円
  • 海老とアボカドのチリポヨ600円
  • ぱりぱり餃子の皮サラダ700円

ごはんもの

  • 帆立と海老のレタス海鮮炒飯980円
  • チリポヨ納豆丼600円
  • ライス 200円/大300円

食後のデザート

  • 安納芋餃子と芋蜜バニラアイス350円
  • 柚子シャーベット350円

そのほか上記以外にも多彩な料理&クラフトビールあり

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/ワシン-トーキョーwash1n-tokyo/

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」の人気餃子レビュー まとめ

今回は阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」の人気餃子メニュー4種をまるっとかっ食らってまりました!

どれもこれも個性豊かで、それでいて多くの共感も呼び起こすカリスマ的味わいでした。

クラフトビールは2種類しか飲めていないので、今度訪れた際にはもっと多くのビールを餃子と合わせてみたいと思います。

阿佐ヶ谷「ワシン トーキョー(WASH1N TOKYO)」まではJR中央線阿佐ケ谷駅より徒歩2分!

是非一度この不思議な空間づくりと魅惑の餃子たちを堪能してみてはいかがでしょうか。

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-