西荻窪「大宮飯店」の梅雨の嫌な気分を吹き飛ばしてくれる、パンチの効いた餃子をレビュー

東京杉並区西荻窪に店を構えて52年の老舗。

「大宮飯店」。

お店の外にはメニューがなく、

入るのに少し勇気がいりますが、

ガラガラと引き戸を開けると、

失礼ながらも、とても可愛らしいご夫婦が

「いらっしゃいませ」と出迎えてくれます。

平日のお昼過ぎ、店内はすでに満席状態。

お子様連れの親子、

お仕事の休憩中に訪れている職人さんなど、

短い休み時間に、おいしいものを求めて

来店していました。

お肉屋さんで修行していた店主さんの、作り出す餃子はいかに!

街中華の餃子は本当に最高なものばかり。

今回も楽しみです☆

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並区 西荻窪「大宮飯店」について

テレビで取材を受けるほどの人気店「大宮飯店」は、

西荻窪駅南口を出て、呉服店さんや、

人気の布屋さん、可愛らしい文具店などを通り

15分ほど歩くと住宅街にさしかかると、

赤い屋根、そして「中華料理 大宮飯店」と控えめな看板が見えます。


さあ、勇気を振り絞って入りましょう☆

ご夫婦が、優しく出迎えてくれますよ。

店内のお客様は、皆常連さんの模様。

注文、食し、慣れた手つきでカウンターにお皿を置く。

と流れるように動いていく。

その度に、優しい笑顔で「ありがとうねっ!」と言う

奥様の顔が、“来るお客様の癒しになっているんだろうなー”とほっこりしました。

そんな「大宮飯店」は広めの店内ですが、

席はカウンターのみ。

広々としたテーブルには、自家製のラー油が用意されていました♪


餃子愛を感じますね!

さあ、メニューをチェック♪

壁に貼られた黄色いメニュー表には



たくさんの料理たちが顔を揃えます。

町中華で、三種の神器とも言われる「カツ丼」「オムライス」「カレーライス」も用意されています。

料理の部のトップバッターを飾るのは、我らが餃子です☆

輝かしい“餃子”の文字。

厨房の奥様に、本日の注文をし、

そのときを待ちましょう。

東京杉並区 西荻窪「大宮飯店」のいい意味で、パンチが効きすぎる餃子と愛されカツカレー&五目炒飯を実食

餃子(6個 500円/税込)

カツカツと大胆に材料を切る音を心地よく聞いていると

カウンターに、手作りの梅干しが置かれているのを発見!

これから暑くなるので、その対策のために置かれているのでしょうか?

年配のご夫婦で営んでいる「大宮飯店」

“これからの季節、お体には十分気をつけて下さい。”と願っていると

「はい、餃子ね」と優しい声の奥様が厨房から渡してくれました、

いよいよ、大宮飯店の餃子とご対面!


手作り感が溢れ出す、不揃い感。

いいですねー♪

おいしいことを、物語っています。

大宮飯店の餃子は、通常サイズ。

こんがり焼かれています。

たまらず、パクり。

おおおおおおおお!

ニンニクの“デンプシーロール”

すごいパンチ力です!!!!!!!

今までに感じたことのないニンニク感。

なんと言葉で表現したら良いのでしょうか?

とにかく、ニンニクがすごいのです。

なのに、たっぷり入った野菜が

ニンニクの味を優しく包み

おいしいスープと共に口に流れ込んでくる。

飲み込むころには

おいしさだけが残り、あとを引きます。

自家製ラー油をつけると、ニンニクの辛味と合わさり、さらなる刺激が!



あっという間に平らげてしまい、

老舗恒例の“ひだチェック”を忘れるしまい。

大宮飯店の餃子は、

梅雨の嫌な気分を吹き飛ばしてくれる、刺激的な餃子でした♪

五目炒飯(950円/税込)

目の前の厨房から聞こえてくる、

ガッガッガッと鍋を振る音。

カウンター席の醍醐味ですよね♪

パンチのある餃子を食べさせてくれた大宮飯店。

チャーハンはどんなお味なのか、

ワクワクしますね♪

スープと共に届いた五目炒飯。


黄色の可愛らしい、たまごの帽子をかぶって登場いたしました。


海老とカニと、とても豪華!

なにの、1000円を切るとは♪

町中華おそるべしです。

しっとり系チャーハンは、

しっかりとした味付けで、

ネギのうまみを、たんまりと味わえます♪

カニ、エビ、ナルト、塩コショウを効かせたたまご。

いろいろな食感や風味の変化を、楽しみながら食べれる炒飯。

炒飯を食べて、たまにスープを流し込む。

炒飯の1番おいしい食べ方ではないでしょうか?

こちらもあっという間に完食です。

かつカレー(1050円/税込)

「大宮飯店」といば、

と問うと、こぞって「かつカレー」と答えるほどの、人気商品。

食べないわけにはいきません。

もともとお肉屋さんだった店主さんが、

注文を受けると、

その日に仕入れた、ブロックの豚肩ロースを切り、その場で揚げてくれます。

そして、注文が入るたびに小鍋で温めたカレーをたっぷり!

見てください!ボリューム満点です。

中華ダシの効いたコクのあるカレーで、

ルーを食べ進めると、少しずつ辛さを感じる心地よい辛さです。

かつは、柔らかく、胡椒の効いたお肉と甘い脂身、

そして、衣のサクッという食感が絶妙です。

カレーの中に入っている、

玉ねぎの甘みも、たまりません!

大きい“かつ”が乗っているにも関わらず、

お肉もゴロゴロ入っています♪

真っ赤な福神漬けが、また嬉しいですよね♪

餃子を求めて、旅をしているおかげで、

餃子と共に

とってもおいしいカレーにも出会えました。

“餃子様”に感謝です!

大宮飯店は、奥様と2人で切り盛りしているので、

揚げ物が出せない場合も!

作れるかどうか、確認を取ってから、ご注文して下さいね。

東京杉並区 西荻窪「大宮飯店」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区宮前3-30-11

電話番号:03-3333-3214

営業時間:
ランチ:11:00〜14:00
ディナー:16:00〜20:00

定休日:日曜日

最寄り駅:JR西荻窪

アクセス:JR西荻窪駅南口より徒歩15分

メニュー

*全て税込み価格

  • 餃子 6個 500円
  • ラーメン 600円
  • タンメン 700円
  • ワンタンメン 700円
  • もやしそば 700円
  • 豚骨ラーメン 700円
  • ネギラーメン 750円
  • ちゃんぽん 750円
  • 味噌ラーメン 750円
  • チャーシューメン 850円
  • チャーシューワンタンメン 950円
  • 五目そば 900円
  • 五目ワンタンメン 1000円
  • 焼そば 650円
  • 炒飯 700円
  • かに炒飯 850円
  • 五目炒飯 950円
  • 半チャーハン 400円
  • かつ丼 950円
  • かつカレー 1050円
  • カレーライス 700円
  • オムライス 850円
  • *他多数のメニューあり

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並区-西荻窪「大宮飯店」/

東京杉並区 西荻窪「大宮飯店」まとめ

デジタル化が進むこの時代に、レジでもなく、電卓でもなく、そろばんで会計をする。

素敵ではないですか☆

そろばんを弾き、支払金額を出してくれる奥様に、

良き時代の懐かしさを覚え“ジーン”としてしまいました。

無口だけど、人柄の良さが滲み出ている店主さん、

気さくに声をかけてくれる、明るい奥様がいる

杉並区 西荻窪「大宮飯店」。

店主さんの、誰に教わったわけでもなく、

自己流で生み出した味で、

「大宮飯店」を多くの人から、愛されるお店に育ってあげました。

店主さんが自ら“おいしい”と思い、作り続けている、パワーみなぎる餃子を食べ、

筆者は、おいしさと、ニンニクの力でさらに“元気100倍”になれました☆

皆さんも、大宮飯店の餃子を食べ、

これからの季節を乗り越えましょう。

今回もお腹いっぱい!

ごちそう様でした。

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-