杉並区西荻窪 「中華 味かね」地元の人に愛される餃子をレビュー

杉並区西荻窪にある、2017年5月にオープンした中華屋さん「中華 味かね」。

日が沈みかけた平日。

すでに常連さんらしきお客さんが、キープされたボトルからお酒を注ぎ、幸福な時間を味わっていました!

ボトルキープをしている常連さんがいる!これは期待大☆

地元の人に愛される「味かね」。

どんな餃子を食べさせてくれるのでしょうか♪

早速ご紹介していきたいと思います。

食べログで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

杉並区 西荻窪「中華 味かね」について

西荻窪駅から15分ほど歩いたところにある「味かね」。

腹ペコなお腹を、さらに空かせるのに、ちょうどいい距離♪

気持ちもいい風を感じながら、住宅街をお散歩して行くと、青梅街道が見えてきます。

青梅街道が見えてきたら、あと少し!

目的の「味かね」が待っています。

最初に見えてきたのは、紹興酒の甕!

たくさん並んでいます。

そして見覚えのある“のれん”の文字!

「餃子いろいろ」!!!

そうです!

お気付きの方はいらっしゃるはず。

西荻窪にある「中華さとう」です♪

桃井の「中華 味かね」、西荻窪の「中華 さとう」そして、まだお邪魔したことのない、井荻にある「中国麺飯酒家 凛(りん)」。

この3店舗、なんと姉妹店だそうです☆

うん。さらに期待!

店内に入ると、カウンター席とテーブル席が3つ。

小規模なお店のため、席数がそんなにありません。

ですが、店内の雰囲気は良く、気軽に入れる“町の中華料理店”といったお店です。

テーブル席に着き、メニューを拝見!

もちろん、お目当ての餃子のメニュー表をいち早く目に通します。

「味かね餃子」含め7種類の餃子の品揃え☆

他にも、本日のおすすめ、名物品や、一品料理、麺類に、ご飯物。

中華料理店でよく見かけるメニューも取り扱っています。

「中華 味かね」では、いわゆるセット商品は用意されておらず、“定食セット”という形で、一品料理にご飯をプラスすることができるそうです♪

ちなみに150円で、スープとライスが付きます。

お求めやすい☆

ふとテーブルに目をやると、お醤油、酢、ラー油と餃子のお供たちと並んで

「鎮江香醋(ちんこうこうず)」という、聞きなれない調味料を発見!

p

「鎮江香醋」とは、美容と健康の大国、中国の“三大名酢”と呼ばれ、古くから好まれているお酢だそうです。

黒酢と言ったところでしょうか。

日本の黒酢より、アミノ酸が多く、クエン酸も含まれているため、ダイエットと美容効果さらには、回復効果も期待できるとか♪

すごいお酢です!!!!

しかも、中国では餃子は“お酢のみ”で食べるそうなので、欠かせない調味料なんですね。

日本では珍しいく?中国ではポピュラー調味料を揃える、「中華 味かね」の餃子はどんなものか?!

早速レポートしていきたいと思います☆

杉並区西荻窪 「中華 味かね」の絶品餃子と気になる2品

味かね餃子 (5個 380円/税込)

真っ先に注文した店名を背負った看板メニューの「味かね餃子」が登場!!!

小麦色の肌が、輝いております☆

通常より少し大きめの餃子。

早速お口の中へGO☆

ポタポタ滴るほどジューシーな餡。

程よく残る野菜の歯ごたえと、優しいお肉の食感がたまりません♪

少し濃いめのお醤油ベースの味付けが、食欲を増進させてくれます。

ラー油のピリッとした刺激を加えてもこれまたよろし。

揚げ餃子 (5個 380円/税込)

焼き餃子の次は、「揚げ餃子」♪

カリッカリに揚げられた揚げ餃子は、ひだからお腹にかけてきつね色のグラデーションになっております☆

まずは、何もつけずにひとくち。

肉肉しい餡にはおいしいジュースがたっぷり☆

そこに、ニラとネギとキャベツの食感が加わり、お口の中で心地よいハーモニーを奏でてくれます♪

気になっていた鎮江香醋を、揚げ餃子につけてみることに。

日本の黒酢より少しとろみのある鎮江香醋。

独特な深みのある香り、ちょっぴり甘みがあり、酸っぱいけど、ツンとした酸っぱさではない。

そんな鎮江香醋をつけた揚げ餃子は、さっぱりとして、さらにおいしく病みつきになる味になりました☆

次回は、餃子につけて食べてみたいです。

四川辣餃子(5個 450円/税込)

本日ラストの餃子は「四川辣餃子」。

四川辣餃子は、水餃子です☆

醤油ベースのタレにラー油の赤、そしてネギの青みが美しいです!

崩すのが“もったいない!!!!”と思いつつ、どんな味なのかの興味のが増し箸が伸びます。

つるんとしたお肌をほんのり赤らめながら「こんにちは。」とごあいさつしてくれました♪

こちらも「こんにちは!」とあいさつを交わし、「いただきます☆」とひとかじり。

皮は薄めなのにもっちり♪

タレは、ほどよい酸味に、山椒とラー油の辛味がアクセントになり、あと引くおいしさ。

濃厚なのにさっぱりしているという、なんとも言えない不思議な感覚になります!

大海老チリソース炒め(小皿 3尾 580円/税込)

餃子に他に、気になった商品のご紹介♪

「大海老チリソース炒め」です。

こちらは、「マヨネーズ炒め」も選べます。

サイズは、小皿と中皿があり、今回は小皿で注文!

ワクワクしながら待っていると、テーブルに届いたのは想像を超えていた大海老!

大きい!

箸で持ち上げると、海老がしなるほど!!!

思わず、iPhone SE と比べてしまいました。

これ、隣に置いているんですよ!

すごいでしょ!

大きさに、驚きと感動をいただきました☆

そしてお味はというと、まず海老の弾力がすごい。

柔らかな筋肉質の大海老はかじると、口の中で弾けて、海老独特の甘みが広がります♪

辛味強めのチリソースですが、クセになり、ソースに入っているシャキシャキの玉ねぎと食べると、スプーンが止まりません。

このサイズ感と味で580円は、あっぱれです!

揚げ豚ロース担々麺(1000円/税込)

もう1つ気になった商品は「揚げ豚ロース担々麺」!

揚げロースが乗っている、パーコー麺は食べたことがありますが、担々麺に揚げ豚ロースが入っているのは初めて☆

頼まないわけにはいきません。

待っている間にもすでに、ニンニクのいい香りが漂ってきました!

どんなコと出会えるのかドキドキです♪

そしてご対面。

ボリュームにはすごい!!!

カリッカリに揚げられた豚肉がドーンとスープの中で待ち構えていました。

圧倒されつつまずは、黒ごまベースのスープをごくり!

山椒の香りがダイレクトに伝わってきます。

辛いのですが、喉や舌が辛いほどの辛さではなくピリ辛☆

コクがあるスープで最後に飲み干したくなりました。

次は揚げ豚ロース!

脂身とお肉のバランスがちょうどよく、見た目のインパクトとは違い軽くて食べやすい。

こちらもペロッと平らげられる予感!

麺は細麺で、味がしみしみでうまし。

予想通り、スープも揚げ豚ロースも麺も全て完食いたしました!

杉並区西荻窪 「中華 味かね」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区桃井4-2-9

電話番号:03-3397-2955

営業時間:
[月・火・水・金・土]
11:30~14:30
17:00~24:00
[日・祝]
11:30~14:30
17:00~22:00

日曜営業

定休日:木曜日

最寄り駅:
JR中央本線西荻窪駅

アクセス:
JR中央本線 西荻窪駅北口 徒歩15分

メニュー

*全品税込み価格

    餃子

  • 味かね餃子 380円
  • 揚げ餃子 380円
  • 水餃子 380円
  • パクチー餃子 450円
  • にんにく餃子 450円
  • 四川辣餃子 450円
  • ゆず餃子 450円
  • 大海老チリソース炒め又マヨネーズ炒め
    小皿 580円
    中皿 1080円
  • 黒酢の酢豚
    小皿 580円
    中皿 1080円
  • 四川麻婆豆腐 880円
  • 揚げ豚ロース担々麺 1000円
  • 黒ごま担々麺 880円
  • 白ごま担々麺 880円
  • 紅麻辣担々麺
    中辛・激辛 各 880円
  • 肉あんかけチャーハン 880円
  • チャーハン 880円
  • 中華丼 780円
  • あんかけ焼そば
    豚五目・エビ塩 各 880円
  • 昔ながらのソース焼そば 780円
  • その他多彩なメニューあり

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/杉並区西荻窪-中華味かね/

杉並区西荻窪 「中華 味かね」のまとめ

今回も大満足!

とっても良心的なお値段で、美味しいものを提供してくれる「中華 味かね」。

食事をしている最中にも、引っ切り無しにお客様が来店していましたが、1人で来ている方が多いように感じました。

一人暮らしの人の胃袋を支えてくれる優しい「中華 味かね」なんですね♪

駅から少し距離はありますが、お腹も心も満腹になれるので、食後の軽い運動がてらのお散歩に!

全く苦にはなりません。

夜道は怖いと思う女性の方!ご安心あれ♪

「中華 味かね」はランチの時間も営業しております。

「中華 味かね」の絶品の餃子と中華をぜひご賞味下さい☆

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-