東京 杉並区 西荻窪 「丸福中華そば 西荻支店」老舗の中華そば店の“福の和を広げてくれる”そんな餃子をレビュー

昭和59年8月創業。

西荻窪にある老舗のラーメン店

「丸福中華そば」。

先代の店主さんが、

「食事をして帰られるお客様に、

“福”の“和”が広がりますように」と

願いを込めてつけられた店名「丸福」。

どんな幸福感を、味わわせてくれるのでしょうか?!

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京 杉並区 西荻窪 「丸福中華そば 西荻支店」について

西荻窪駅の南口を出て右側、

ちょっとディープで味のある飲み屋街。

その中にひときわ目立つ黄色い看板。

「◯」の中に「福」と書いて、「丸福」と読みます♪

そこが、本日お目当ての「丸福中華そば 西荻支店」。

荻窪御三家の一軒として一世を風靡した、

通称「白丸」、今も健在で荻窪にある通称「黄色丸」と呼ばれているお店の支店だそうです。

創業以来多くの人々から愛されている中華そば店です!

お店の外には、

どーんと大きな木に掘られた

「丸福」の看板。

歴史を感じさせてくれます。

訪れたは、夕食どき。

入店しようとすると、ちょうど女性のお客様が帰られるところでした。

女性でも気軽に来れる中華そば店。

嬉しいですね♪

丸福は2階席にあり、1階は喫煙席。

2階は禁煙席となっております。

2階席に行く場合、先に注文してからが福丸スタイルです!

筆者は禁煙者なので、1階のカウンターに着席。


メニューをチェックします。


中華そばをメインに、ワンタン、五目、味噌ラーメンとラインナップ♪

んーどうしようかなー?

と迷っていると

「迷ったらこれと!」とおすすめされたので

メニューは決定♪

いただきましょう。

東京 杉並区 西荻窪 「丸福中華そば 西荻支店」心が“ほっこり”する餃子とワンタン麺

手作り餃子(5個 350円/税込)

街の中華屋さんや、老舗の餃子が大好物な筆者。

丸福の餃子はどのようなものか、とても楽しみです♪

パチ、パチと音が聞こえてきました。

ご対面のときはすぐそこです。

じゃじゃーん!

こちらが丸福の焼き餃子です。

パリッと焼かれていて、見るからにおいしそう。

サイズは、通常サイズです。

そして、老舗恒例の“ひだチェック”!

うーん☆

美しい・・・

長年の経験と高い技術力のなせる技。

丁寧に1つ1つ作られているのでしょう。

あっぱれです。

餡は、大きめキャベツひき肉でがたっぷり詰まり、

キャベツ中心の餃子♪

丹念に下ごしらえされていると思われる、

キャベツの歯ごたえがたまらないのです!

“シャキシャキシャキッ”といつまでも噛んでいたくなるおいしい餡が、

こんがり焼かれた皮との相性が抜群です。

いつもにように、酢醤油とラー油で食べても、もちろんおいしいのですが、

キャベツのうまみスープに、かすかに香るにんにくと胡椒強めでスパイシーな丸福の「手作り餃子」。

何もつけないで筆者は食べたいと思いました。

丁寧に作られた焼き餃子。

1個食べるごとに、幸せが広がっていきます。

ワンタン麺(770円/税込)

次から次へと入店客が絶えない丸福。

大半のお客様はワンタン麺をオーダーしています。

それもそのはず!

丸福の人気ナンバー1メニューなのです♪

テーブルに届けられた「ワンタン麺」。

もやしに、細切りメンマにチャーシューが2枚。


ワンタンがたっぷり☆

いつものように、まずはスープ から。

動物系のスープに溶かされたラード。

あっさりしてるのに、まろやかさとコクがあります。

最後まで飲み干したくなる、あと引くうまさ☆

麺は、中太ストレート。

あっさりしたスープがラードの油分で麺にコーディングされ、

スープがよく絡み

ツルッとした喉越しに♪

何より感動したのがもやしです!

「何分火を通したら、こんなにシャッキリした歯ごたえを残せるの?」と考えされるほど

おいしいシャキシャキもやし!

その上に、かかっているタレ?

“この、おいしいやつはなんだ!”

と考え込んでいたら、味付玉子の煮汁だと判明!

スープにせよ、もやしにせよ、

このコクは煮卵効果だったのですね!

シャキッともやしにホワッとした甘みがたまらんのです!

いよいよメインの「ワンタン」です。

大振りなワンタンに

多めの餡。

餡は、胡椒がきいていて、しょうがの風味があり

食欲そそります。

ワンタンを口に入れるとトローッと溶けて一気になくなり、

餡のおいしい風味の余韻がお口に残る♪

最高です!

続きまして手作りチャーシュー♪

この肉肉しさが、筆者のタイプ。

どストライクです!

肉肉しいのにパサついていない。

これも、熟練だからこそなせる技!

非常に印象に残るワンタン麺になりました。

おつまみセット(350円/税込み)

”チャーシュー麺にすればよかった。”

と若干の後悔をしていたら、おつまみセットたるもの発見!

即注文。

おつまみセットの面々は、

焼豚、味付け玉子・メンマです。

メンマには、豆板醤が絡めてありピリとした刺激がいい感じ♪

味玉は、今や目にすることが少なくなった固茹。

丸福の味玉は、なんとひき肉と煮るそうです。

あのおいしすぎる、もやしにかかっていたタレは、ひき肉だったのです☆

そして、恋するチャーシュー(焼き豚)は大ぶりにカットされて登場!

しかも3枚もあります♪

ありがたや。

早速この面々をワンタン麺へ。

オリジナルスペシャルワンタン麺の完成です!

今や半熟たまごが当たり前の中、固茹で味たまご!

パクッっと懐かしさを、噛み締めます。

パサつかず、黄身がほろりとしておいしい!!!

これも、ひき肉効果でしょうか?

このおいしい味玉を、さらにおいしくしちゃいましょう♪

レンゲの中でスープに溶かして、

いただきまーす。

うーん!

至福のときとは、このことを言うのでしょう!

半熟ではない、固茹での味玉の良さを再認識させてもらいました。

チャーシュー(焼豚)は、スープに浸したあとに

刻みネギを巻いてひちくち♪

うーわーんー!!!

たまりませーん☆

本日も、大満足です。

ごちそうさまでした。

東京 杉並区 西荻窪 「丸福中華そば 西荻支店」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻南3-25-7

電話番号:03-3331-327

営業時間:
月~土、祝日、祝前日
11:30~23:00 (料理L.O. 22:30)

定休日:日曜日
※年末年始 12月31日~1月3日までお休み致しま

最寄り駅:JR西荻窪駅

アクセス:JR西荻窪駅南口出てすぐ右折。
徒歩約30秒。

メニュー

*全て税込価格

  • 手作り餃子 5個/8個※お持ち帰り出来ます(生・焼き餃子)
    350円/420円
  • ワンタン麺 770円
  • 玉子そば 750円
  • 中華そば 650円
  • ワンタン 650円
  • チャーシュー麺 950円
  • 味噌ラーメン 770円
  • チャーシューワンタン麺 1070円
  • 麺大盛 150円増し
  • 単品

  • 味付け玉子 100円
  • 焼豚 400円
  • メンマ 350円
  • おつまみセット 350円(焼豚・味付け玉子・メンマ)

    ドリンク

  • ビール キリン一番搾り 500円
  • 冷酒 白鶴一合 400円
  • オレンジジュース 300円
  • ウーロン茶 300円
  • コカ・コーラ 300円
  • サイダー 300円

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京-杉並区-西荻窪-「丸福中華そば-西荻窪支店」/

東京 杉並区 西荻窪 「丸福中華そば 西荻支店」まとめ

35年間、人々の心に寄り添い変わらぬ味を守ってきた「丸福中華そば」。

仕事帰りの人が行き交う西荻窪駅。

疲れた体と心を、癒すべく、

多くの人が「丸福中華そば」に足を運んでいました。

アルバイトとして働く、留学生でしょうか?

手の空いた時間に、店主さんに日本語を教えてもらう仲睦ましい姿に

笑みが止まりませんでした。

どこか懐かしく、温かい気持ちもなる餃子とワンタン麺。

心が“ほっこり”しました。

帰るころには、幸せに満ち、

“福”の“和”が広がりました

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-