東京杉並区 西荻窪 「天縁飯店 (てんえんはんてん)」で出会うべくして出会った餃子レビュー

前々から気になっていたお店第2弾♪

通るたびに気になりけど、そのまま通り過ぎることって結構多いですよね?

“なんか気になるなー。・・・今度にしよう!”って

どんどん先延ばしにしちゃっているお店が、何件あることか・・・

杉並区西荻窪にある「天縁飯店 (てんえんがんてん)」もそんなお店の1つ。

たまたまお店を通った日のこと。

何度も見ているはずのお店。

でも何だかいつもと違う。

中国独特の大っきくて、真っ赤な提灯に呼ばれている気がして

入ってみることにしました♪

*あっ!筆者は、スピリチュアル的な力はございません。

食べログで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並区 西荻窪 「天縁飯店 (てんえんはんてん)」について

西荻窪駅から、個性豊かなお店が並ぶ商店街を5分ほど歩き

住宅街にさしかかったところに、

“ボワーン”と光る真っ赤な提灯が、

「こっちだよ♪」声をかけてくれます。

そこが「天縁飯店」。

店名の「天縁」とは、“天が定めたご縁”という意味。

“天が定めたご縁”のレストラン(飯店)では、どんな餃子と出会わせてくれるのでしょうか?

お店の前に行くと、まだオープン前だったようで、

店主さんが、お掃除中でした。

筆者がタジタジしていると、

店主さんが気付いてくれて、優しく中へ招いてくれました!

店内は広々としていて、とても静かな空間。



中国語の掛け軸などあり、中国酒が置かれています。

天縁飯店は、本場中国のご夫婦2人で営むお店で、

ご夫婦の会話は中国語。

お店の雰囲気と、聞こえてくる中国語で、一気に異国國の地に降り立った気分になりました!

席に着き、メニューを手に、

種類の多さに、びっくりしました。









これは、悩ましい。

ひとまず、餃子を探すことに。

“点心”の一覧に、「自家製餃子」を発見♪

しかも3種類!

嬉しきこと。

餃子は即決定♪

あとは、壁に貼られた

「特別料理黒豚酢豚」!

“特別料理”ですよ。

食べてみたい。

いや、待って!

ここは素直に、「おすすめ陳麻婆豆腐」にすべきでは?

と一人で自問自答していたら、

その2品の隣に、「季節限定 海鮮冷やし麺」の文字。

海鮮に目がない筆者。

注文するときには “海鮮冷麺1つと〜”と勝手に口が動いていました♪

東京杉並区 西荻窪 「天縁飯店 (てんえんはんてん)」日本の餃子とはちと違う、おいしい餃子と海鮮冷麺レビュー

自家製焼き餃子 (5個 400円/税抜き)

惹き寄せられるように訪れた天縁飯店の餃子は如何に♪

なものお店の奥様が、笑顔で届けてくれた焼き餃子!

こんがりと焼かれてやってまいりました。

大振りなお姿。

なかなかの重量感があります!

たまらずひとくち。

おおおお!!!!

肉肉しい。

ごろっと入った餡は、

まさにお肉!

いい意味で、

めちゃくちゃ、歯ごたえがあります。

お肉そのものの、うまみがぎっしり詰まっていて、

肉好きにはたまりません。

おっと、油断していました。

お皿に、おいしいスープが溢れてしまいました。

うまみスープがたっぷりで、頬張ると

お口が喜んでおりました。

日本で昔から食べられている餃子と何だか違うなーと思い、

ちょっと違いを調べてみました!

中国の餃子の具は

肉を叩いてつぶしたもの+野菜+調味料

たたいてつぶしたお肉。

なるほど!肉肉しさの秘密はわかりました!

日本で食べられている餃子は、にんにくが入った「焼き餃子」が多いですよね?

でもこれ、日本風にアレンジされたものだそうです!

今や、ご存知の方も多いと思いますが、

中国で主に食べられている餃子は「水餃子」や「蒸し餃子」。

しかも餡の中に、にんにくは入れないそうなんです。

確かに、天縁飯店の餃子にはニンニクが入っていません。

にんにくは、タレに入れるなど別々に食べるのが普通なんですって!

中国にも「焼き餃子」があるにはあるのですが、

食卓に上がることはあまりないとのこと。

もはや、「焼き餃子」は日本料理なのかもしれませんね♪

自家製水餃子 (8個 500円/税抜き)

中国で餃子といえば「水餃子」がメイン♪

と先ほどお話しましたが、もちろん天縁飯店にも「水餃子」はご用意されております。

しかも8個も!

それもそのはず。

中国では、餃子は「主食」だそうです。

日本では、餃子は「おかず」ですよね。

でも、中国の人々にとっては、餃子は「主食」で炭水化物扱。

なので、日本では当たり前の「餃子定食」、「ラーメン・餃子セット」や、「チャーハン・餃子セット」は、

中国の人々からすれば、は「主食+主食」にしなってしまうのですね。

中国の人々が、日本で驚くのが

中華料理店などにもある、餃子定食何だそうです。

「主食と主食をなぜ一緒に食べるのだろう?」と思うそうですよ!

おもしろいですよね!

ん?

関東の人が、関西の人が「お好み焼きをおかずにご飯を食べる」に

驚くのと同じ感覚でしょうか?

そもそも、日本の人々は、

主食と主食結構好きですよね?

“ラーメンとチャーハン。”

“焼きそばとご飯”

など。

でも、餃子が主食。

考えたこともありませんでした。

だからこそ、中国の餃子は、日本の餃子に比べて皮が厚く

皮は必ず自分で皮を作ることが当たり前で、

餡よりも、皮の比率が多く、

皮をメインに食べている感覚なんですね♪

天縁飯店の自家製水餃子も“もっちり、ぽってり”っとしています。

ひとくちでパクパク食べられるサイズです。

さっそく、いただきまーす!

もうね、

どう頑張っても、中のスープが飛び出てしまうんです。

スープが餡にたっぷり。

餡に和えられているのか、

ほのかにエビの香りがします♪

>p>スープがしみた、主食の皮がとにかくおいしい。

おまけかなにでしょうか?

8個中、

1つだけ エビが入っていました♪

嬉しいサービス☆

中国の、水餃子。

餡は特に決まったものはないそうで、

好きなもの、あるいはその時手に入ったもので作るそうですよ♪

うーん☆

中国の餃子を堪能させていただきました♪

エビ蒸し餃子 (4個 550円/税抜き)

天縁飯店では、やはり本場の方

点心類の皮も店主さんの手作りだそうです!

そして、店主さんなんと

横浜中華街で修行をされたそうです!!!

さらに期待しちゃいますね♪

届けられた、エビ蒸し餃子、

皮が艶やかです。

プルプルの皮から、うっすら見えるオレンジかかった、ピンク色がかわいらしいですね。

包丁で丁寧に叩いてミンチにされているのでしょうか?

すり身の中に“コリっ”とエビさんに

時折出会えるのが楽しい!

味はいたってシンプル♪

甘みがあるので、砂糖が入っているのかな?

塩、胡椒。

胡椒が効いていて、ちょっとスパイシー。

そこに、生姜みじん切りと白ネギみじん切りが入っています☆

ほのかに柑橘系の香りもして、

餃子なのにさっぱりとした味わいになっています♪

全て手作りの本格点心。

餃子以外の点心も、ぜひ食べてみたいです。

海鮮冷やし麺 (1000円/税抜き)

本日いよいよ最後のメニューです。

おすすめよりも、特別よりも“海鮮”に心奪われた「海鮮冷やし麺」。

ウキウキしますね♪

厨房からトントンと包丁のいい音が聞こえます。

作り置きではなく、注文されるたびに、切っているご様子。

一手間。

嬉しいですよね♪

軽快な包丁の音が鳴り止み、しばらくすると

運ばれてまいりました!

美しい姿で登場です。

今年初の冷やし麺(冷やし中華)

具材もなんと豪華なことでしょう!

崩すのがもったいないですが、いただいちゃいましょう♪

これは!酸っぱくない!!!!

ほのかな酸味が、食欲を誘います。

そして、少しスパイシーなハムの塩分が酸味との調和!

スープの優しい味に、卵のしっかりした味が混ざり絶妙なまろやかさを生み出します。

そして、大好物のエビ !

絶妙な塩加減が、エビの独特な甘みをさらに引き出しています。

イカは、綺麗な松笠切りがなされ、

サクサク噛める柔らかさに!

んー贅沢な冷やし麺(冷やし中華)☆

梅雨のジメッとしたこの憂鬱な気分を、

スッキリ、さっぱりさせてくれる1杯でそした。

東京杉並区 西荻窪 「天縁飯店 (てんえんはんてん)」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻北2-12-2 西島ビル 1F

電話番号:03-3397-6678

営業時間:
[全日] ランチ:11:30〜14:30
ディナー:14:30〜21:30

定休日:第1・第3木曜

最寄り駅:JR西荻窪駅

アクセス:西荻窪駅 徒歩3分

メニュー

*税抜き価格

    点心

  • 自家製焼き餃子 5個 400円
  • 自家製水餃子 8個 500円
  • エビ蒸し餃子 4個 550円
  • 自家製春巻き 3本 500円
  • 天縁小籠包 4個 600円
  • 自家製シューマイ 4個 500円
  • ごま団子 3個 500円
  • 海鮮

  • 芝エビのチリソース 1180円
  • 芝エビのマヨネーズ和え 1280円
  • アスパラと芝エビ炒め 1500円
  • 車エビのチリソース 1880円
  • 甘酢イカ炒め 1280円
  • XO醬イカ炒め 1280円
  • 大フカヒレ姿煮 5000円
  • アワビのオイスターソース煮 5000円
  • 海鮮おこげ 1500円
  • など他多数あり
  • 肉類(豚/鶏/牛)

  • 黒酢酢豚 1280円
  • クラゲ、豚肉と卵炒め 980円
  • 青椒肉絲 980円
  • 四川風回鍋肉 980円
  • 青椒牛肉 1080円
  • 牛肉のオイスターソース炒め 1580円
  • 鶏肉のカシューナッツ炒め 1180円
  • 油淋鶏 1080円
  • など他多数あり

    野菜/豆腐/玉

  • 陳麻婆豆腐 980円
  • 蟹肉入りトーフ炒め 980円
  • 八宝菜 1280円
  • 麻婆茄子 980円
  • トマトと卵の炒め物880円
  • 芝エビと卵の炒め物 980円
  • など他多数あり

    ご飯類

  • 五目チャーハン 780円
  • 蟹チャーハン 980円
  • 五目丼 880円
  • 麻婆丼 880円
  • など他多数あり

    麺類

  • 五目スープメン 880円
  • 海鮮スープメン 1180円
  • 牛バラ肉角煮メン 980円
  • 酸辣湯麺 1000円
  • 五目焼キソバ 900円
  • 海鮮焼キソバ 1180円
  • ど他多数あり

    お粥類

  • ピータン粥 750円
  • 青菜粥 750円
  • 干し貝柱粥 750円
  • お粥セット 1000円
    上記3種のお粥とシューマイ、小籠包、エビ餃子1ずつのセット
  • アワビの粥 1200円
  • スープ類

  • コーンスープ 680円
  • トマト卵スープ 680円
  • 青野菜トーフスープ 680円
  • 酸辣湯 780円
  • 蟹肉入りフカヒレスープ 1680円
  • デザート

  • 杏仁豆腐 (1人前) 300円
  • 他、ランチメニューやセットメニュー、おすすめメニューなど充実しています。

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並区-西荻窪-「天縁飯店-てんえんはんてん/

東京杉並区 西荻窪 「天縁飯店 (てんえんはんてん)」まとめ

引き寄せられるように入店した、

「天縁飯店 (てんえんはんてん)」。

水餃子は、幾度となく食べてきましたが、

中国の餃子についてここまで、深く知りたいと思ったのは初めてでした。

日本で昔から食べている、“ざっ餃子”とは違う中国の餃子。

こんなに違うものなのかと、“餃子好き”と語っているのに

何も知らなかったと反省いたしました。

まさに、餃子をよく知るきっかけを与えてくれた

「天縁飯店 (てんえんはんてん)」の餃子。

出会うべくして出会ったのだと思います。

“天が定めたご縁”に感謝です☆

本日も、おいしくいただきました。

ごちそうさまでした。

帰国いたします!

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-