本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎 本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎

味の素冷凍食品から、耳たぶのような理想的な厚みと弾力のある水餃子が2020年9月6日(日)より全国で発売開始

味の素冷凍食品から、耳たぶのような理想的な厚みと弾力のある水餃子が2020年9月6日(日)より全国で発売開始されます。

主食、汁物の具材、おかずと、焼餃子より汎用性の高い水餃子は、調理で油を使わずヘルシーなことから、近年焼き餃子の次に注目されている餃子です。

味の素の冷凍焼き餃子は、17年連続売上日本一の製品という大ヒットを成し遂げた味の素冷凍食品から新たに冷凍水餃子が登場するので大注目の新商品となっています。

ギョーザ売上日本一※の当社からこだわりの「水餃子」が新発売

水餃子の形状、大きさ、皮・中具について、あらためて“おいしさ”を追求した結果、“厚みと弾力のある皮”で中具を包み、そのうま味を逃さないことがおいしい水餃子のポイントであることがわかりました。

味の素冷凍食品の「ギョーザ」は17年連続売上日本一※の製品で、1970年の創業当時から、冷凍餃子の技術開発と品質改良を重ねてきました。(※2003年度~2019年度、冷凍食品単品売上金額ベース、当社調べ)

このたび、その技術と知見を活かし、厳選した小麦を使用し、丁寧にしっかりとこねることで、耳たぶのような理想的な厚みと弾力のある皮を実現し、その皮でうま味たっぷりの肉汁をしっかり閉じ込め、噛んだ瞬間にジュワッと肉汁があふれ出る「水餃子」を発売します。

製品概要

製品名:「水餃子」
内容量:標準15個入り(225g)※1個当たりの重さにより14~16個入ります。
製品特長:水餃子のおいしさに重要な厚みと弾力のある皮で、ジューシーな中具を包みました。

厚みと弾力のある皮なので、肉汁を閉じ込め、おいしさを逃しません。お肉と野菜はすべて国産を使用。

調理方法:ゆでる、煮る、電子レンジ

発売日:2020年9月6日(日)

発売地域:全国

賞味期限:年月日で表示

希望小売価格:設定せず

デジタルパンフレット:https://my.ebook5.net/ffa_ajinomoto/pamphlet_retail/

お客様向けお問い合わせ先:味の素冷凍食品(株)お客様相談室[フリーダイヤル]0120-303-010

公式サイト

https://www.ffa.ajinomoto.com/

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-