東京杉並 西荻窪「でじま」“みぞか”で“いじでうまか”餃子をレビュー

長崎のご当地グルメ「ちゃんぽん」。

長崎出身の人も唸らす、本格的な“ちゃんぽん”を提供してくれるにが、杉並区西荻窪にある「でじま」です。

“ちゃんぽん”と“皿うどん”が人気な「でじま」。

この2品に次ぐ、人気の餃子を求め行ってきました♪

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並 西荻窪「でじま」について

西荻窪駅北口から、線路際の“シルクロード”を荻窪方面に歩いていきます。

摩訶不思議なお店を眺めながら、進むこと5分ほど、だんだんと店舗がなってくると、「ちゃんぽん・皿うどん」という看板が顔を出します。

そこがちゃんぽんと皿うどんのお店、「でじま」です。


西荻窪の特徴?とも言える、中が見えないお店の作り・・・

外にはメニューと「営業中」の看板があったので、オープン中であることは確認できます♪


こういった作りのお店は慣れたもので、躊躇なく入店です。

店内は、左が壁沿いにカウンター、そしてテーブル席が3つ。

「でじま」は、ご年配のご夫婦と見られる2人と、女性が1人の 3人で営んでいるご様子。

筆者がおじゃましたときは、お客様は、1人の男性客が多かったです。

1人出るとまた1人来る。

お客様が途切れません♪

お昼のピーク時間に差し掛かると、今度は職人さんが入れ替わり立ち替わりに来店。

職人さんが多く来るお店は、いいお店と勝手に思っている筆者。

期待に胸が踊ります♪

早速メニューを拝見。


長崎のご当地グルメ「ちゃんぽん」に「皿うどん」の他に待中華ならではのメニューがそろっています♪

麺類には、+270円でセットメニューを付けることができます。

セットメニューにはギョーザ様が!!!!

嬉しい限り♪

店内のサイドメニューの表にも“ギョーザ”の文字。

メニューの一品の一欄でもトップを飾っていました☆

「でじま」イチオシなことがわかるますね☆

早速注文していきましょう♪

この日は、“特製ちゃんぽん”が品切れ ・・・残念。

ちょっと心配になってしまいましたが、「でじま」のギョーザはあり、ホッとしました!

東京杉並 西荻窪「でじま」の“うまか”な餃子と“しっぽく”を実食

ギョーザ(6個 450円/税込価格)

鍋を振り音を聞きながら料理を待つ。

至福の時間ですね♪

鍋の振る音が止むころ、奥様がすかさず配膳の用意。

長年のチームプレイでしょうか?見事な息のあった動きに圧巻です!

圧倒されていると、「でじま」の“ギョーザ”がテーブルに届けられました。

なんとも“みぞか”(かわいい)ギョーザ様☆

ぷくりと丸みを帯びたお姿に、整ったひだをまとい“のんのか”(美しい)さも秘めていました。

かじった瞬間、野菜のスープがした垂れ落ちてしました!

野菜とお肉のちょうどいいバランスの餡。

野菜のシャキシャキ感が“いじでうまか”(すごくおいしい)。

このシャキシャキ感。丁寧に野菜を塩もみしている証拠です!

ふわっと広がるニンニク風味がたまりません。

こぼさぬよう、気を付けながら食べているのに、最後まで野菜のうまみスープが落ち続けてしまいました!

優しい味なのに、じっくりと伝わってくるパワフルさは、なかなかなスタミナ系のギョーザですね。

香りだけで元気がみなぎってくる感じです☆

口の残るギョーザの香りを、ずっとけさずにいたくなります。

定番の酢醤油+ラー油でもおいしいのですが、「でじま」のギョーザは、胡椒+酢でいただくことをおすすめします♪




ちゃんぽん+Bセット(680円+270円/税込)

「でじま」自慢のしっぽく(長崎料理)の“ちゃんぽん”と気になって仕方なかった、唐揚げとチャーハンがセットになったBセットをオーダー♪

「ちゃんぽん」の語源には、諸説あるそうですよ。

中国、方言で簡単なご飯、喰飯(シャンポン)がなまったもの。

ポルトガル語の「チャンポン(混ぜる・混合する)」がなまったもの。

当時の中国人の呼び方である「チャン」と日本人の「ポン」を取ってチャン+ポンと名付けた。などなど。

貧しい中国人留学生に安くて栄養のあるものを食べさせようと、作った料理と言う説もあるそうですよ♪

優しさに溢れた料理だったんですね。

「でじま」の“ちゃんぽん”の味はいかに♪

たっぷり入った、アサリのダシとラードで炒めた野菜たちがスープに深みを出しています!!!!

最後の一滴まで飲み干したい!

 

野菜たっぷりのスープとうどんのように太い麺が、喧嘩していない一体感。


 

あっさりしているので、食べやすいです。

野菜の甘みうまみが存分に味わえるのが、ちゃんぽん!最高です♪

チャーハン。

大きく刻まれた玉ねぎとピーマン、人参と卵ととってもシンプルなチャーハン。

玉ねぎでしか出せない甘みと、ピーマンの香りが食欲増量させます。

醤油の香ばしい香りと、しつこくない程度に入ったラードの風味がおいしいチャーハンでした♪

気になっていた唐揚げは、大きいのが3つも。

おそらく卵の入った衣が、サクフワっとした食感を生んでいます☆

鶏の肉の甘みと、しっかり味付けされた醤油ベースの唐揚げは、ジュワッとジューシーで筆者好みの唐揚げでした。

ちゃんぽんにチャーハンとから唐揚げ☆

なかなかのボリュームで、セットで職人さんたちが皆オーダーすることに納得です♪

太麺皿うどん(730円/税込)

本日最後のメニューは「太麺皿うどん」。

テーブルに届けられた皿うどんは、お皿が大きい!!!

直径20㎝以上はあるでしょうか?

大堂の細麺パリパリと悩みましたが、今回は、太麺で♪

太麺皿うどん。見るからにおいしそうです。

キャベツ、モヤシ、ニンジンの野菜、紅白かまぼこ、豚肉、あさりにイカ。

粘度のある、熱々の白獨したあんがたっぷりとかかっていて、麺がほとんど見えません!!!

あんの中から太い麺を救い出すと、焼色が入っておりました♪

麺は、ちゃんぽん麺なのでしょうか?

太く、もっさりとした唐灰汁の独特な食感です。

食べ応えがたまりません!

あんのとろみが強いため、麺がよく絡みます。

やや甘く、野菜や魚介のうまみが味わえるあん。

食べているとたまに来るあさりやイカが“当たり”を引いたようで嬉しくなります。

あんのとろみが、最後まで適度なとろみをキープしたままでした!

お皿の大きさに驚きましたが、ぺろっと平らげられる味わいの太麺皿うどんでした。

東京杉並 西荻窪「でじま」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻北2-1-7

電話番号:03-3395-3795

営業時間:11:00~21:00

定休日:水曜日

最寄り駅:JR西荻窪駅

アクセス:西荻窪駅北口より徒歩5分ほど

メニュー

    *全て税込み価格

  • ギョーザ 6個 420円
  • ちゃんぽん 680円
  • 特製ちゃんぽん 880円
  • 味噌ちゃんぽん 730円
  • 皿うどん 730円
  • 特製皿うどん 950円
  • 太麺皿うどん 730円
  • 長崎風焼きそば 680円
  • ソース焼きそば 680円
  • ラーメン 520円
  • 塩ラーメン 520円
  • 味噌ラーメン 600円
  • チャーシューメン 840円
  • モヤシラーメン 680円
  • セットメニュー

    *麺類全て+270円でセットメニューにできます。

  • Aセット チャーシュー、ギョーザ
  • Bセット チャーハン、唐揚げ
  • Cセット 玉子スープ、ギョーザ
  • Dセット 卵スープ、唐揚げ
  • *他 多彩なメニューと週替わり定食あり

    *出前サービスもあります

日本一の餃子情報専門サイト
https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並-西荻窪「でじま」/

東京杉並 西荻窪「でじま」まとめ

どれも満足度かなり高い料理ばかりの「でじま」は、しっぽく(長崎料理)中心のお店。

日本で唯一の開港地として外来文化を受け入れ、独自の文化を育てた長崎。

「ちゃんぽん」と「皿うどん」は、深い関わりのあった中国の影響を受けて長崎が生み出した日中混合の庶民の味として、名物のひとつ!

日本と中国が混合(ちゃんぽんになった)した料理♪

店名も「でじま」。

店内には長崎の方言が書かれたのれんが飾られており、長崎愛を感じますね☆

“みぞか”(かわいい)で“いじでうまか”(すごくおいしい)餃子は、“忘れられん味”の1つになりました♪

本日もおいしくいただきました。

ごちそうさまでした。

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-