東京杉並 荻窪 「手もみラーメン 十八番」唯一無二の味!なジャンボな餃子をレビュー

創業1966年創業の地元の人々に愛されている老舗ラーメン店。

「手もみラーメン十八番」!

店員さんの掛け声が、なんとも個性的で、印象的。

ラーメンのお供に皆が注文する十八番の餃子。

“おはこ”の特製餃子は、どんな個性的を見せてくれるのでしょうか?!

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並 荻窪 「手もみラーメン 十八番」について

荻窪駅北口から徒歩約3分。

飲食店街の端の角にある「手もみラーメン十八番」。

昭和の雰囲気漂う古い建物に、黄色の屋根に“荻窪だったら 手もみラーメン十八番”の文字が輝いています☆


“荻窪だったら”とでかでかと掲げるあたり、なんとも荻窪らしいですよね♪

十八番の入り口は左右2箇所。

早速入店してみましょう。

座席はカウンター席のみで、席の後ろは人ひとり通れるくらいの、こじんまりしたお店です。


店内には、地元の人や仕事帰りの会社員、学生とほぼ席は埋まっていました!

かすれた声の陽気な素敵なおじさまが、「空いてる席に座ってく〜ださいぃッ」と独特な言い方で声をかけてくれました。

席を迷っていると、常連であろうお客様がスーッと席をずれてくれました。

優しさに溢れるお客様が来るお店!

期待大♪

3人で厨房を回しているご様子。

「はいよ~。」と声を掛けしながら麺を茹で、葱を切り、盛り付けをする

見事な連携プレー!

十八番オリジナルの掛け声が響き、店内は活気があります。

テーブルには、オリジナルのラー油の用意が!


餃子愛を感じますね。

メニューは、ラーメン類と餃子のみです!

餃子は6個と3個があり、もちのろんで6個を注文。

あとから来た人たちのほとんどが、“特製十八番と餃子の組み合わせで注文していたので、筆者もそうすることにしました♪

東京杉並 荻窪 「手もみラーメン 十八番」の得意な大柄餃子と個性強めなラーメンをレビュー

餃子(6個 500円/税込)

餃子担当の店員さんが、鉄板で手際よく餃子を焼いていきます!

カウンター席ならではの光景は、何度見ても飽きませんね。

「餃子のお皿ですぅ〜」と先に出してくれたので、オリジナルラー油をたっぷり入れたタレを準備しながら待ちましょう♪

「は〜い餃子ですねぇ」

と渡された餃子に驚き!

おっおっきい!!!

そして、見とれるほどのきれいな焼き色。

まだ、食べていないのにニンニクの香りが漂ってきます。

箸で持ち上げると、なかなかの重量!

さてさて、老舗恒例のひだチェックと参りましょう。

見るからにモチモチで柔らかそうな皮。

さて、ひだは?!

おお!これは、ひだなしで閉じられてい流るではありませんか!

個性が光ますね☆

うっすら緑色に色付いて見えるのは、筆者の目の錯覚でしょうか?

美しいです。

いよいよ実食いたしましょう。

大柄な餃子をひとくちパクッと!

うーん!ニンニクとニラの香りがホワッとひろがります。

うっすら見えた緑色の正体は、野菜が中心の餡だったからですね♪

にんにくたっぷりで、肉に頼らない野菜中心の餃子!

大柄な体ですが、パクパク食べられてしまいます。

ニンニクと野菜がたっぷり入っているので、これからの季節に最適な餃子ではないでしょうか?!

さらに、なかなかな辛さのオリジナルラー油を餃子が赤く染まるほどたっぷりつけていただくと、さらなる刺激的な餃子へと変貌してうまし!!!


6個あってもペロリと平らげてしまいました♪

特製十八番(850円/税込)

店名の十八番が付いたラーメン。

そして、来店するほとんどの人が注文している特製十八番はいかに♪

カウンターの中では3人の店員さんに役割が分たんされており、1人は麺を茹で、もう1人は中華鍋で“何か”を炒め、「はい、いきますぅ」とまたまた個性的な声かけてをし具を配し、そしてもう1人が黒胡麻を振る。

それぞれの役割を果たして一杯が完成!

「気をつけてく〜ださいぃッ」と1人が言うと、続けて聞こえてきて届けられた特製18番。

届けられたのと同時に、ものすごいにんにくの香り。

そして、見慣れたラーメンとはかなり違っています!

スープの上に脂の幕が厚く張られています。

その脂も背脂とかではなく透明。

先ほど炒めていたのは、豚肉とネギをジャジャっと炒めたものでした!

あとニラと、海苔がトッピングされています。

この炒めた豚肉とねぎがとてもおいしい!

透明な熱々なスープは、なんだか懐か薄めのしょうゆ味。

にんにくがきいているのに食べ始めたら全く気にならないという、不思議な現象が起きます。

ネギ油だからでしょうか?

意外なほど後味はあっさりしています。

独特のスープに縮れ麺がよく絡んでとてもおいしいラーメンです♪

ワンタンメン(800円/税込)

個性たっぷりな餃子と特製十八番の衝撃でノックアウト寸前の中。

またまた「気をつけてく〜ださいぃッ」の掛け声で届けられた本日最後のメニュー。

“ワンタンメン”。

こちらのトッピングは海苔・ニラ・チャーシュー1枚・メンマ・玉子1/4・刻み長葱・黒ごま。


そして目の前で包んでくれる、ワンタンが5個入っています♪

こちらのスープも透明。

十八番に比べ脂少なめな醤油スープ。

脂は少なめですが、熱々でなかなか冷めません☆

“フーフー”しながら、少しずついただくと、あっさりした口当たり。

麺は縮れ平打ち中太麺です!

ワンタンはつるりと口に入り、ふわっと消えていきます。

飲まなきゃ勿体無いと思わせられるスープに、ニラの存在がとてもよく、体は小さいけれど、存在感大に黒ごまが味をまとめてくれているようです♪


手もみラーメン十八番のラーメンにはなくてはならない存在です!

東京杉並 荻窪 「手もみラーメン 十八番」

店舗詳細

住所:東京都杉並区上荻1-4-10

電話番号:03-3393-3545

営業時間:
18:00~翌1:30
日曜営

定休日:お盆、年末年始

最寄り駅:荻窪駅

アクセス:荻窪駅北口より徒歩3分

メニュー

    *税込み価格

  • 餃子 500円
  • 半餃子 250
  • 特製十八番 850円
  • ラーメン 650円
  • ネギラーメン 750円
  • チャーシューメン 900円
  • みそラーメン 800円
  • ワンタンメン 800円
  • ワンタン 700円
  • つけ麺(麺2玉) 800円
  • 瓶ビール(キリン・アサヒ) 550円
  • *トッピング、麺大盛りできます。

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並-荻窪-「手もみラーメン-十八番」/

東京杉並 荻窪 「手もみラーメン 十八番」まとめ

今までにない、全く異なるジャンキーさと、オリジナルなおいしさを提供してくれる“手もみラーメン十八番”!

店員さんの仲睦まじく、息ぴったりな十八番オリジナルの掛け声は、クスッと笑ってしまうほど、ほのぼのします♪

十八番の人気は店員さんにあり?!

全体的にオリジナル感の強い、ジャンボな餃子とラーメンは箸が止まらなくなること間違いなしですよ。

荻窪というラーメン激戦区で長い歴史を刻み、他にはない餃子とラーメンは唯一無二の味☆

“手もみラーメン十八番”の“おはこ”特製餃子とラーメン、そして心が和む個性的な掛け声は、

「荻窪だったら十八番」と言われること間違い無しです♪

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-