肉汁水餃子 餃包 新宿店などを運営する株式会社アールキューブは2021年12月15日に新商品「肉汁ラビオリ(イタリアン餃子)」の飲食店向け卸販売をスタート

2019年9月に飲食店向けに販売を開始した「業務用餃子の餃包(ギョーパオ)」の月間販売30万個突破(2021年10月)を記念して、2021年12月15日に新商品「肉汁ラビオリ(イタリアン餃子)」の飲食店向け卸販売をスタートしたことをお知らせします。

肉汁水餃子 餃包 新宿店:

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

ラッツダイニング新宿店:

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/

ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

肉汁ラビオリの販売を開始

 コロナ禍の苦境が続く飲食店向けの卸事業で前年対比を超える成長を続ける「業務用餃子の餃包」。これまで、居酒屋、ラーメン、中華など様々な業態への商品提供を通じて売上げアップに貢献して参りましたが、この度、洋食向け新商品「肉汁ラビオリ」の販売を開始しました。8月~10月に既存卸先への先行テスト販売の結果、50店舗導入を達成し、検証結果や評判も良好でした。
 11月には既存商品の「餃包」の卸販売個数が30万個を突破し、今後は新商品と合わせて最高売上更新が見込まれます。

肉汁ラビオリ:https://gyopao.jp/ravioli_a/
ターゲット:イタリアン、パスタ、ピザ、カフェ、バー、洋食店、フレンチ料理、スペイン料理、居酒屋など

商品化のきっかけ

 当社が運営する「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」は、トリップアドバイザーとGoogleで口コミ数地域1位を達成しており、外国人のお客様からも多数の口コミを頂戴しています。その中で、当社の水餃子「餃包」を
“ravioli”(ラビオリ)と表現するコメントが多いことに気づきました。特に欧州圏のお客様にとっては、馴染みのあるラビオリと同じカテゴリであると認識され親近感を持たれておりました。

 そのことを、都内でイタリアンレストランを経営する知人シェフにお話したところ、「試してみたい」とさっそく商品化いただきました。販売後、お客様にもインパクトがあると好評とのお声をいただきましたが、当時は中華食材を中心に開発した「餃包」を洋風にアレンジしての提供だったため、開発者としては多少の違和感がありました。どうせなら、もっと洋食に合う商品を開発したいと考え、そこから商品化まで約1年半の道のりとなりました。
前例なき挑戦に必ず吹く逆風
 餃子や中華食材専門での製造販売を行っていた当社がイタリアンなど新しいジャンルに挑戦することに対して、社内外での賛同や理解は当初なかなか得られませんでした。しかし、当社はこれまでも何度も似た経験をしています。直営店を水餃子専門店に転換したときは「日本では水餃子専門は無理ですよ。」とほぼすべての社員・スタッフから言われました。世の中が飲食店禁煙化に進む5年ほど前に先んじて完全禁煙にしたときは、「六本木の居酒屋で禁煙なんて不可能」「ありえない」「差別だ」などと社内外から批判されました。
気づけば風を起こした側に
 そして、結果的には水餃子専門店としてのブランド認知を確立し、当社から起こした小さな風をきっかけに、最近では日本国内でも水餃子自体の認知や話題が増えてきました。禁煙化の流れも今では常識になっています。
 当社では、「賛同者が少ない」=「チャンス」と捉えています。やる人、やれる人が少ないからです。一方で、「ただマーケットが存在しないだけ」という領域に踏み込むのは無謀です。マーケットが存在しうる領域で、全く新しいことをやる、というのが当社の経営方針です。
「ラビオリ」もマーケットは確実に存在していますが、「面白い商品」が皆無で、パスタやピザと比較して誰も見向きもしない地味で陳腐化したマーケットです。そこに全く新しい風を吹かせたいと考えています。
今後の目標
 まずば「肉汁ラビオリ」を主力商品の「餃包」に負けないヒット商品に育てていきたいです。まだ商品が誕生したばかりで、店舗でのアレンジ調理方法など、当社でもまだ見つけていない活用法がきっとあります。卸先店舗様にもどんどんオリジナルの料理開発にチャレンジいただければ嬉しいです。
 飲食業界はコロナ禍で長い逆風が続いていますが、今後は良い風を起こす側になっていけたらと思います。
餃包新宿店で12月15日に販売スタート
 当社加盟店舗の「肉汁水餃子 餃包 新宿店」(1号店)では、12月15日より肉汁ラビオリを販売スタートします。洋風アレンジのイタリアン餃子をお楽しみください。また、同店舗加盟オーナーが経営するラッツダイニング新宿店でも同日販売スタートします。

店舗概要

肉汁水餃子 餃包 新宿店

店舗名:肉汁水餃子 餃包 新宿店
所在地:新宿区新宿3−35−13 裕永ビル3F

電話番号:03‐5341‐4750
営業時間:月~金17:00-24:00、土日祝15:00-24:00
URL:https://gyopao-shinjuku.com

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

ラッツダイニング新宿店

店舗名:ラッツダイニング新宿店
所在地:東京都新宿区新宿3-35-7 さんらくビル B1F

電話番号:03-5369-8820
営業時間:月~金17:00-29:00、土15:00-19:00、日祝15:00-26:00
https://ladsdining.owst.jp/

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/

ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

創業ストーリーはこちら:https://prtimes.jp/story/detail/wrVV8aTa1Kr

公式サイト

肉汁水餃子 餃包 新宿店:https://gyopao-shinjuku.com

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

ラッツダイニング新宿店:https://ladsdining.owst.jp/

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/

ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-