本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎 本場博多の餃子が自宅で味わえる!603博多餃子舎

色鮮やかな緑色が特徴の「ほうれん草餃子」が岩手県八幡平市の道の駅「にしね」で販売中

粉末状の八幡平市産ホウレンソウが皮に練り込まれた「ほうれん草餃子」が道の駅「にしね」で販売されています。

調理方法は焼き、揚げ、茹でのどれでも楽しめますが、お勧めは水餃子にすることで、色鮮やかな緑色の餃子を楽しめますよ。

今回は、「ほうれん草餃子」の詳細と販売情報を紹介します。

「ほうれん草餃子」 詳細

粉末状の八幡平市産ホウレンソウが皮に練り込まれた「ほうれん草餃子」が道の駅「にしね」で販売されています。

調理方法は焼き、揚げ、茹でのどれでも楽しめますが、お勧めは水餃子にすることで、色鮮やかな緑色の餃子を楽しめますよ。

ほうれん草餃子は、ほうれん草のほのかな香りと、豚肉など具材がたっぷり入っていて、バランスの取れた野菜餃子となっています。

価格は10個入り、590円の冷凍餃子となっています。

販売情報

道の駅にしねで販売中。

道の駅にしね

岩手県八幡平市大更2-154-36

TEL:0195-75-0070
FAX:0195-75-0071

お問い合わせは道の駅にしね(0195-75-0070)まで。

公式サイト

https://www.hachimantai-ss.co.jp/~nishine/

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-