薄皮餃子の餃子のチェーン店として神戸市に「ー元祖薄皮餃子ー餃子香月白水店」が2021年7月23日(金)にオープン

餃子のチェーン店としては、大量生産が難しく前例がない、薄皮餃子で多店舗展開を目指し、2021年7月23日金曜日神戸市に ー元祖薄皮餃子ー 餃子香月白水店をオープンします。

「コロナ禍で増えたお家時間の悩み解決」

コロナ禍での生活が続く中、以前と比較するとお家時間が増え、自宅で食事をする機会が多くなり、お母さんの負担が大きくなることによって、お父さんが料理をする機会が増えています。

普段料理をされているお母さんは、自炊する機会が増え、手間をかけずに家族が喜ぶ美味しい料理が作りたいという悩みがあり、お父さんは、今まで外で仕事ばかりしてきたので料理が苦手という悩みを持たれている方が多いものです。

このような悩みを大衆的な食品で解決するために餃子香月の「元祖薄皮餃子」を開発いたしました。

本社がある徳島県に1号店を2021年4月30日に24時間無人直売所をオープン。

現在は、徳島県に2店舗、香川県に1店舗運営しており、無人販売による非接触の販売環境や購入時間が約1分という利便性の高さから、どの店舗もオープン時は、一日に800名~1000名のお客様が来店されております。

「ママは楽ちん、料理が苦手なパパは主役になれる餃子」

香月の餃子は、オリジナルの薄皮にすることによって誰でも簡単に美味しく焼くことができます。

  • 理由❶ 薄皮だから一般的な冷凍餃子より20%時短。
  • 理由❷ 中身の具材への加熱が早く焼き時間が短いので焼き過ぎの失敗が少ない。
  • 理由❸ 薄皮だからホットプレートの加熱でも簡単に美味しく焼けるので自宅でもキャンプでも食事を楽しめる。

「餃子香月のこだわり」

オリジナルの薄皮は、焼き面はカリッと皮はモチモチで口の中で皮が溶けて消えてなくなります。

皮がゴワゴワしないので素材の旨みを引き出し、タレを付けずに食べても美味しく仕上げているため女性やお子様でも何個でも食べれます。

素材の旨みを引き出していますので、餃子を活かした様々なアレンジレシピが可能でされにお家時間を充実させるお役立ちができると考えております。

食材は、国産の豚肉・キャベツを使用し、にんにくは生を使い製造ごとに挽いて風味を損なわないように製造しています。また、毎日工場から直送され冷凍生餃子といえども出来立て提供を実現しています。

神戸市西区白水店オープンセール開催します

価格:通常36個入り1,000円(税込み) ⇒ 上記二日間の10時~19時は900円(税込み)
餃子のタレ100円(税込み)
日時:2021年7月24日土曜日 10時~19時  7月25日日曜日 10時~19時

店舗詳細

店名:ー元祖薄皮餃子ー 餃子香月白水店
住所:兵庫県神戸市西区白水2丁目5-24

電話番号:088-643-0170
営業時間:24時間営業(無人販売)

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-