東京杉並区 西荻窪 老舗「中国料理 萬福飯店 マンプクハンテン」の四川でポピュラーな“紅油水餃子(ホンユースイジャオ)”を食べ、心もお腹も“萬福”

今では、広く知られる「四川料理」を

50年ほど前から、作り続けてきた「萬福飯店 マンプクハンテン」。

昭和46年の創業以来、西荻窪の人々に慕われ続けてきた名店♪

「萬福飯店の、ピリ辛水餃子と酢豚は必食!」と言わせるまでの

水餃子を求め、「萬福飯店」へGO、GO♪

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並区 西荻窪 老舗「中国料理 萬福飯店」について

西荻窪駅北口を出て、昔馴染みの八百屋さんや、

真新しいカフェなどを過ぎ、歩くこと2分。

青々とした揺れる木と共に並び、

でかでかと「中国料理 萬福飯店」と書かれた看板が目印です!

入り口の外にディスプレイされた、

中華食品サンプルが歴史を物語っております。

町中華が多い西荻窪ですが、

その中でも、「萬福飯店」は

ディープな中華料理屋さん。

丸く縁取られた、扉から入ると、

ほどよく配置されたテーブル席には、

すでに、たくさんのお客様が!

人気店だということを、物語っています。

年齢層の高いお客様が多いところを見ると、

昔からの常連さんに、愛され続けていることが、よくわかりますね♪

手書きで書かれたメニューや

可愛らしい、中国独特のランプ。

中国酒も並んでいて、中華屋さんそのもの。

席につくと、水ではなく

丁度いい温度のホット中国茶を

“ポットごと”出てくるところが、

中華料理店感をさらに味わえますね♪

テーブルには、きれいに羅列された

愛くるしい醤油さしに、ニンマリしてしまいました。

店内を眺めていると、

次から次へとお客様が来店。

そう広くはない店内なので、

少人数で来店の際は、相席必須です!

ランチ目的で来店している模様。

こぞって、ランチメニューを注文していました。

早速、筆者も注文していきましょう。

東京杉並区 西荻窪 老舗「中国料理 萬福飯店」四川の水餃子に舌鼓&“萬福”ランチをレビュー

四川胡麻だれ水餃子(6個 850円/税込み)

厨房から、ひっきりなしに聞こえる鍋を振る音。

厨房では、ご年配夫婦と息子さんらしき人が

休む暇なく、次から次へと

料理を作り出していきます♪

聞こえてくる声からして、日本人のようです。

ホールには、お嫁さんでしょうか?

本場の中国?のお姉さんが、

ランチを求め、お客様で賑わう

ホールを1人で対応していました。

家族ならではの連携プレーです。

“すごいなー”と心で拍手を送っていると

テーブルに「四川胡麻だれ水餃子」が届けられました♪

四川では、紅油水餃子(ホンユースイジャオ)と呼び、

ポピュラーで、オヤツ代わり食べるそうです♪

中国では、「紅油(ホンヨウ)」とは、ラー油全般を意味するそうですが、

四川は「味つけ」という意味で使われているそうですよ!

それほど、四川では重要な役割があるのですね♪

萬福飯店の「四川胡麻だれ水餃子」。

紅色の湖に浮かんでおります。

美しいお姿は、

なんと!繊細な薄い三角形の皮を身にまとっています!

萬福飯店のオリジナルの紅油を使用した胡麻タレがたっぷり☆

最初は、甘めの味が“ほわっ”ときたかと思うと、

次に心地の良い辛さが、波のように打ってきます。

とても魅力的なタレで、添えられている、

シャキシャキの食感と淡白な味の青菜を

絡めて食べるとコクがプラスされ、

とってもおいしいのです♪

餡は、脂身の少ない豚肉とキャベツとシンプルですが、

プリッとしたお肉の歯ごたえと、

キャベツのシャキッと感が、絶妙な食感を生み出し、

胡麻ダレと絡むと・・・♪

萬福飯店の「四川胡麻だれ水餃子(紅油水餃子)」は

一度食べたら止まらないほど

おいしく、クセになるお味でした!

ランチ 1. 麻婆豆腐(900円/税込み)

萬福飯店ではランチを注文する際は

商品名の横にある数字を伝えます♪

ランチメニュートップを飾るのは、

萬福飯店自慢の「麻婆豆腐」。

麻婆豆腐目当てで来店するお客様も多いほどの

人気商品!

食べずにはいられません☆

麻婆豆腐の番号は“1”

「“1”をお願いします。」と店員さんに伝えると、

厨房に向かい「“1”お願いします。」と同じく番号で伝えていました♪

ガッガッと中華鍋を振る音、

中華屋さんならではの音ですね♪

来るのが楽しみです☆

テーブルに届けられた萬福飯店の麻婆豆腐は

木綿豆腐を使用♪

角が綺麗に残っています。

崩さないように炒められているところ、

熟年の技を感じます。

お豆腐と共にお口から消えていく、

ちょうど良い細かさのひき肉、

綺麗な朱色の辣油、豆豉とシンプルな味付け♪

「麻(マー)」のしびれ、「辣(ラー)」の辛味も感じますが、

とても優しいお味の麻婆豆腐♪

人気なことに、納得いたしました。

ここで、ちょこっとお勉強☆

麻婆豆腐で使用される「麻辣(マーラー)」。

「麻」は花椒(ホワジャオ)中国山椒 (山椒の一種の実)、「辣」は四川特産の唐辛子です。

麻も辣も辛さを表しますが、

花椒(ホァジャオ「麻」)は、「舌をしびれさせる(しびれる)」、

辣(四川特産の唐辛子)は「舌をヒリヒリさせる(ヒリヒリする)」という意味。

「麻(マー)」と「辣(ラー)」が融合し、

四川料理を代表する、「麻辣(マーラー)」になるのです♪

なるほど!

知るとさらにおいしく、いただけますよね♪

3. 酢豚(1100円/税込み)

四川胡麻だれ水餃子と供に、必食と言われた。

萬福飯店の「酢豚」

ランチでも用意されていました♪

番号は“3”

届けられるのを待ちましょう!

麻婆豆腐とはまた違い、

油のカラカラという音を心地よく聞いていると、

香ばしい匂いがしてまいりました♪

「酢豚」の登場です。

ピーマン、キクラゲ、タマネギ、と野菜もたっぷり。

1つ1つを素揚げをする「油通し」がされており、

そに手間のおかげで、

お野菜のシャキッとおいしい歯ごたえが、生まれています!

お肉は柔らかく、“さくふわっ”と

お肉の旨味と、脂身の甘みがたまりません♪

甘酸っぱいあんを絡めた

お肉と白いご飯を一緒に食べると

幸福度マックスになります♪

ランチに嬉しいサラダには、

花山椒が少し効いたドレッシングがかかっており、

四川料理店。

抜かりなしです!

全部完食したあとは、

出してくれた、ホット中国茶でスッキリ。

本日も“萬福”

ごちそうさまでした☆

東京杉並区 西荻窪 老舗「中国料理 萬福飯店」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区西荻北3-22-20

電話番号:03-3396-0666

営業時間:
月~金・土・日
ランチ:11:30〜14:00 LO14:00
月~金・土
ディナー:17:00〜21:00 LO21:00
[日] ディナー:17:00〜21:00LO21:00

日曜日営業

定休日:火曜日、第3水曜日

最寄り駅:JR西荻窪駅

アクセス: JR西荻窪北口から徒歩2分

メニュー

*全て税込み価格

  • 四川胡麻だれ水餃子 6個 850円
  • ランチ

  • 麻婆豆腐 900円
  • 豚肉と玉子の炒め 1000円
  • 酢豚 1100円
  • 鶏肉と甘酢辛味炒め 1200円
  • 牛肉と野菜の炒め 1300円
  • *他、多彩なメニューを用意しております

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並区-西荻窪-老舗「中国料理-萬福飯店(マ

東京杉並区 西荻窪 老舗「中国料理 萬福飯店」まとめ

中華料理店で10年修行したのちに、

杉並区、西荻窪に「中華料理 萬福飯店」をオープン。

本物の“中華”を勉強するため、

香港と台湾へ何回も勉強に行き、

中国の食文化を知るために、

時間を惜しまなかった、中華料理一筋の店主さん。

日本人に食べやすいよう考え、

本格的な四川料理を

“和風中華料理”に味を変え、

提供してくれる、「萬福飯店」。

昔ながらの家族経営のほっこりする

町の中華屋さんです。

何を頼んでもお美味しいと定評があり、

ボリュームも満点の「中華料理 萬福飯店」。

必食の“紅油水餃子”を食べ、心もお腹も“萬福”になりませんか?

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-