東京杉並区 西荻窪「中華 ちんとう」心が洗われ、優しい気持ちになれる餃子をレビュー

創業40年を越す、老舗中の老舗!

“街の宝”と称される「中華 ちんとう」

“宝”とまで言わせる「ちんとう」。

行けばわかるその理由!

“こんなに人は優しい気持ちになれるのか”と驚かせるお店です。

皆が食べれば平和になる!

「ちんとう」の餃子とは・・・

食べログで予約はこちらから↓

\お得なクーポンがいっぱい/
ホットペッパーで予約はこちらから↓

ぐるなびで予約はこちらから↓

東京杉並区 西荻窪「中華 ちんとう」について

西荻窪南口から出て、かわいいピンクのぞうさんが浮かぶ、

“ピンク象商店街通り”を抜け、

フレンチのようなカレーが食べられるお店や、有名なお餅屋さんなど、

魅力的なお店が並ぶ道を歩くこと約5分

白っぽい外壁で、自己主張もしない、


「中華 ちんとう」と小さな看板が出ているだけのお店。

“入っていいのかな?”

っとちょっと躊躇してしまいますが、

曇りガラスから見える店内には、

食事を楽しむ、多くのお客様の姿が見えました♪

入店してみましょう。

お店に入った瞬間。

実家に帰ったような、ほっこりする気持ちが込み上がってきました。

「ちんとう」は姉妹?で営んでるご様子!

雨が強かったこの日。

濡れた体を心配し、優しい笑顔の奥様が声をかけてくれました。

「お母さん。ありがとう。」と言いたくなる様な、安心する優しいお顔に“うるり”としてしまいました。

雨の中でもお客様は多く、

かろうじて空いていた席に着席。

店内には、休日出勤の仲間同士で

“癒しと、おいしさ”を求めに来ていた団体さん。

餃子とチャーハンをつまみに、休日を一人飲みを楽しむ男性。

お買い物帰りに、休憩がてら来店した女性など、

優しい”お母さんの味”を求めて、

集まっていました。

実家の居間でくつろいでる気分のまま、“おしながき”を拝見。


チャーハンの種類の多さから、

チャーハンがお母さんの得意料理と確信。

そして、餃子は4種類!

“スープ餃子麺”たるメニューもあります!!!

お母さんの“餃子へ愛”を知り、さらに親近感。

今日のお昼ご飯を、お母さんに作ってもらいましょう。

東京杉並区 西荻窪「中華 ちんとう」優しさで出来ている餃子たちをレビュー

他2品の“母の味”も堪能いたしました

焼き餃子(6個 430円/税込)

トントントンと“台所”から聞こえる包丁の音。

はー。

なんて落ち着く音なのでしょうか。

包丁のリズミカルな音に酔いしれていると、

「お待たせしました、焼き餃子です。」

と、“お母さん”が焼き餃子を持ってきてくれました!

お皿では、色白のお母さんを先頭に、

家族の団らんをしている中、

やんちゃな末っ子が、列から離れみんなにちょっかいを出しています、

微笑ましい♪

団らんを邪魔するようで、心苦しくなりつつも

魅力的な餃子の姿に我慢出来ず、箸を伸ばしてしまいました。

「ちんとう」の餃子は、大きめサイズ!

恒例のひだのチェックと参りましょう。

「ちんとう」のひだは、優しい波を打っていました。

ぷっくりとしたお腹を見るところ、

餡もたっぷり詰まっていそうです。

感謝の気持ちを、心を込めていただきます

ニンニクふわっと香る餡には、

豚ひき肉に、大きめに切られたニラとキャベツ、

そして、細かく刻まれたしいたけが入っています。

丹念に作られた餡は、

繊細な舌触り。

口の中でとろけるような感覚。

かけがえのないほどの柔らかな餡の味を、

永遠に楽しみたくなります。

そこに香ばしく焼かれた厚めの皮の歯ごたえが加わり、最高のうまさになります♪

水餃子(6個 500円/税込)

焼き餃子の優しさに包まれながら、

次の水餃子へまいりましょう!

「ちんとう」の水餃子は、

スープに浮かべられていました♪

スープは中華だしが効いた、餃子の味を邪魔しない控えめな味付け。

焼き餃子と同じ皮を使用しています。

水餃子のひだも、健在です☆

艶やかで美しいですね!

それでは、いただきましょう。

箸を触れただけで、ぽろりと崩れるほどの柔らかさ!

大きめに刻まれた、しいたけがたっぷりと入っています。

あつあつのスープを口に含んで、

水餃子を一口食べると、

とろけるような恍惚感。

“口の中からいなくならないで欲しい”と

願ってしまいました。

スープ餃子(6個 570円/税込)

こんなに優しい餃子があるのだと感動しながら

本日最後の餃子へと移りましょう。

醤油ベースのスープには、野菜たっぷり入っています。



ここにも“母の温かみ”を感じますね!

野菜の旨みを感じる、あっさりしたスープをたっぷり含んだ餃子は、

箸を入れただけで、すっと切れてしまいます!

口に入れると、“ふわっ”と消えていく感覚。

まさに、スープに溶け込む餃子♪

餃子にも人柄は出るのですね。

“お母さん”の愛情がたくさん詰まった

「ちんとう」の餃子。

優しさで出来ている餃子でした。

次回は絶対、「スープ餃子麺」を食べると心に誓いました。

五目チャーハン(900円)

とびきりおいしい餃子を作ってくれたお母さん。

どんなチャーハンを作ってくれるのでしょうか?

テーブルに出されたチャーハン。

なんとも美しいドーム型。

美しい中にも儚さを感じ、

レンゲを入れた瞬間、一気に崩れ落ちそうな繊細なチャーハン。

見た目で引きつける「五目チャーハン」に出会えるとは!

カニに、チャーシュー、ナルトにグリンピース。

そして、甘く煮たメンマが入っています。

お母さんのオリジナル感がいいですね☆

ほんのりラーメンのお醤油が入っているのでしょうか?

茶色いお肌とは裏腹に、

コクがあるのに、ひつこくない。

餃子同様、とても優しいお味で、

とても食べやすい、パラしっとり系チャーハンです☆

ちょこんと乗っている、うずらの卵と一緒に食べると、まろやかさもプラスされます。

お漬物がセットに付いているときの

筆者のチャーハンの後半の楽しみ♪

たくあんと一緒に食べると、

たくあんのカリコリとチャーハンの柔らかさが、たまらない食感を楽しませてくれます。

豚焼肉ライス(700円/税込)

「食べられる?」と“お母さん”に心配されるほど大食感な筆者。

本日最後の食事は「豚焼肉ライス」。

お母さんの味といえば、豚肉の炒め物♪

食べられるのかと、心配そうに運ばれてきた「豚焼肉ライス」♪

さあ。

本日最後の“お母さんの味”を堪能しましょう!

お醤油色に染められた豚バラ肉と

今では、ほとんど見かけなくなった、

酸味のある昔懐かしのオレンジ色のドレッシングが、かけられた千切りキャベツ。

遠い記憶を思い出し、涙が出そうになります。

涙をこらえながら、ひとくち。

こちらの「豚焼肉ライス」は、生姜やニンニクは使用しておらず、

醤油ベースの甘じょっぱいタレに、たっぷりとかかった胡椒が、

ピリリとし、ご飯が進むこと間違いのない、うまさ。

ご飯と一緒に食べると。

至福の時間です!

豚肉をキャベツと一緒にパクッとしたら

“ホッホッホー”と笑いが止まらなくなってしまうほど、2人の相性の合うこと。

おいしすぎて、

最高のタレを含んだ、キャベツの1つも残さず、

お母さんの心配をよそに

すべてを平らげました♪

大満足です!

ごちそうさまでした♪

またね、お母さん♪

東京杉並区 西荻窪「中華 ちんとう」店舗情報

店舗詳細

住所:東京都杉並区松庵3-31-17

電話番号03-3334-5454

営業時間:
AM11:30~PM10:00
PM3:00~PM5:30
日曜営

定休日:火曜日

最寄り駅:JR西荻窪駅

アクセス:JR西荻窪駅南口徒歩5分

メニュー

    *全品税込み価格

  • 焼き餃子 6個 430円
  • 水餃子 6個 500円
  • スープ餃子 6個 570円
  • スープ餃子麺 800円
  • チャーハン 小 450円
  • チャーハン 並 650円
  • チャーハン 大 780円
  • かにチャーハン 900円
  • えびチャーハン 900円
  • 五目チャーハン 900円
  • 玉子チャーハン 700円
  • 中華丼 750円
  • マーボー丼 750円
  • 天津丼 850円
  • 麻婆豆腐ライス 750円
  • 豚焼肉ライス 700円
  • ラーメン 550円
  • *コーン、バター、ワカメ 各 100円

  • ワンタン麺 670円
  • 札幌みそラーメン 670円
  • たんめん 670円
  • もやしそば 670円
  • 上海焼きそば 670円
  • ソース焼きそば 700円
  • 五目そば 900円
  • 五目焼きそば 900円
  • チャンポン 720円
  • 広東麺 720円
  • メンマそば 800円
  • 天津麺 870円
  • チャーシュー麺 850円
  • *その他、一品料理や季節メニュー多数あり

日本一の餃子情報専門サイト

https://gyoza.love/gyoza_stores/tokyo/東京杉並区-西荻窪「中華-ちんとう」/

東京杉並区 西荻窪「中華 ちんとう」まとめ

口の中でとたんに消える。

まさに夢のような感覚の餃子を味わえる「中華 ちんとう」。

とっても優しい餃子です。

「ちんとう」の料理はみな、

どこか懐かしく、食べ飽きない

“実家のお母さんの味”。

優しさに溢れた“お母さん”が作る、

心が洗われ、優しい気持ちになれる餃子を、

ぜひ味わって下さい。

「中華 ちんとう」では、

三角巾姿のお母さんが、皆さんの帰りを優しく待っていてくれますよ。

*あっ!「ちんとう」入口の扉はの引き戸ですが、

ガラガラっと自分で開けるのではなく、自動ドアになっているので、

手動で開けぬようご注意を!

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Instagram-