「魔法の焼き餃子」が、日本有数のお取り寄せサイト“おとりよせネット”にて多数のランキング1位を獲得

株式会社ハッピーフードシステムが運営する点心通販サイトにて販売中の「魔法の焼き餃子」が、日本有数のお取り寄せサイト“おとりよせネット”にて多数のランキング1位を獲得致しました。

【点心通販サイト】https://happyhanten.myshopify.com/
【運営会社HP】https://happyfoodsystem.jp/
【おとりよせネット】https://www.otoriyose.net/

1位を獲得したランキングについて(2021年10月時点)

・お取り寄せ達人おすすめ人気ランキング1位

・餃子のお取り寄せランキング1位

・おかず・惣菜のお取り寄せランキング1位

・地域別 近畿ランキング

「魔法の焼き餃子」の特徴

魔法の餃子を手作りする専属点心師は日本在住20年。日本人の味の好みを知り尽くしています。そんなプロが本物の技術を駆使し、日本人が好む味付けで点心を作ったらどんなものが生まれるのだろう?そんなコンセプトから生まれたのが「魔法の焼き餃子」です。

中国本場の味付けももちろん美味しく魅力的ですが、他所では食べることができない日本でも中国でも唯一無二の弊社の点心を是非とも多くの方に一度お召し上がりいただきたい想いから通販を開始致しました。

こだわり

  • 鹿児島県産茶美豚(もも肉、ウデ肉を独自の割合でのブレンド)
  • 安心安全な国産野菜
  • 特殊な調味料は使わず、素材(生地、餡)の味を最大限に生かした味付け
  • 豚の脂の部位の違い一つで味が変わってしまうほど繊細で、絶妙のバランスが生み出す味
  • 日本在住20年、日本人の好みを知り尽くした中国国家資格取得の中国人点心師
  • 生地から餡まですべて手作業で包み、作成
  • HACCP導入の安心安全な工場で急速冷凍。うま味を逃さない
  • 「簡単、汚れない、美味しい」をテーマに作られた誰でもできる焼き方動画は元調理師専門学校の職員が監修。
     ご家庭でいかに汚れず、後片付けが簡単に美味しく作れるかを考え作成。

誕生の背景

特別な調味料や材料を使わずに、何なら家庭にあるものだけで作れてしまうほどシンプルなレシピ。
だけど絶対に真似することができない。
その秘密は機械では再現できない熟練の点心師だからこそ作れるプロの技と、日本の最高の食材が生み出す奇跡のハーモニー。
その初体験に近い美味しさを表現するため「魔法の焼き餃子」という商品名となりました。
コンセプトは毎日でも食べたくなるような優しい味。中国では餃子は生地を分厚くして食べる為おかずではなく日本でいうと白ご飯のような主食です。
忘れたころに無性に食べたくなる、でも毎日でも食べられる、そんな味を目指しました。
 

今後の商品開発について

現在進めている新規商品開発の一例です。随時通販サイトでの購入も可能になりますので是非とも未知の美食餃子をお楽しみください。

【開発中商品】
小松菜餃子/パプリカ餃子/ピーマン餃子/オクラ/大葉餃子/豆苗餃子/大根餃子/カスタード餃子

野菜そのものの味を前面に出すと茶美豚のうま味に負けてしまい、かといって控えめな味付けにするどこか物足りない、そんな課題をプロの点心師が見事解決してくれました。

特徴のある野菜はクセを上手く魅力的な風味に変化させ、素材の味で上手くバランスが整うものは絶妙なバランスで、
物足りなく感じる野菜はその野菜の特徴と中国の調味料や香辛料と合わせることによって魅力的な味に変化させることに成功しました。また、生地の色は合成着色料を使わず、全て天然由来のものから作っています。これも専属点心師のこだわりで、身体に良いものを食べてもらいたいという思いからです。

これからも季節の野菜などを使った新商品の開発も続けておりますので、引き続き驚きと楽しさ溢れる点心をご紹介できればと思っております。

ハッピーフードシステムについて

“リアル中華現地の味幸福な中華を召し上がれ”という経営理念をもとに大阪を中心に飲食店事業を展開。
中国国家資格を持つ点心師の点心を強みに、幸福飯店等を運営。

【会社概要】
会社名:株式会社ハッピーフードシステム
所在地:〒531-0071 大阪府大阪市北区中津3-22-10
代表者:菅本 哲兆
設立:平成 24年 7月 13日
URL:https://happyfoodsystem.jp/
事業内容:飲食店運営/土地・建物管理・介護事業を展開する、株式会社三恵の飲食部門を別会社として設立した会社

【お客様からのお問い合わせ先】
《問い合わせ先名称》
TEL:06-6136-8810(平日10時~17時)
e-mail:info@happyfoodsystem.jp

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-