ヴィーガン

株式会社ケンソウは動物性食材を一切使用しない「千葉ヴィーガン餃子」の発売を2022年5月1日に開始

首都圏を中心に無人餃子販売店「餃子割烹幸之助」7店舗を展開する株式会社ケンソウ(本社:千葉県白井市、代表:石田 和夫)が、動物性食材を一切使用しない「千葉ヴィーガン餃子」の発売を2022年5月1日に開始しました。

餃子の聖地”宇都宮”の老舗餃子メーカーと共同開発したプラントベースミートを使った冷凍食品『もちもち皮のジャンボ餃子』が2021年8月17日(火)より発売

食を通して美味しさと豊かさの「分け合い」を企業理念とし、持続可能な未来に寄り添った食の選択肢を残していくことをビジョンとするオーガニック・ベジタリアン・サステナブル食品の輸入卸販売会社 アリサン有限会社は、2021年8月17日(火)よりプラントベースミートを使った冷凍食品『もちもち皮のジャンボ餃子』を発売します。2021年東京オリンピックを開催されている今夏『プラントベースフード』

麻布十番商店街のメイン通りの1本北側にヴィーガン専門店「Vege Earth AZABU (ベジアース アザブ)」がオープン

麻布十番商店街のメイン通りの1本北側にヴィーガン専門店「Vege Earth AZABU (ベジアース アザブ)」がオープンします。「ヴィーガン」というと、遠い海外のセレブの女優さんや厳格な食事制限を思い浮かべる方も多いかもしれません。しかしながら、日本では、「精進料理」として、古くから馴染みのある食事でもあり、仏教が中国から伝わったのと同時に日本に入ってきて、比叡山の天台宗寺では

お肉を使っていないのに、お肉を感じる新食感餃子「ピスタチオ・マッシュルーム餃子」がJR山手線新大久保駅直結「KDC」3階「unknown GYOZA stand」にて、4月23日(金)、24日(土)に1日限定10食で販売

株式会社オレンジページおよび株式会社CO&COが運営する新大久保フードラボ「KDC」とが連携し、KDCに入居する3階シェアダイニングにポップアップショップ「unknown GYOZA stand」を出店している「known unknown」、K,D,C,,, アドバイザーで馬喰町にレストラン「ANTCICADA」を構えるシェフ白鳥翔大氏とOneBiteがコラボレーションして新しいお料理を制作しまし

日本最大級の出前サービス「出前館」に「東京ヴィーガン餃子」が出店を開始

日本最大級の出前サービス「出前館」に「東京ヴィーガン餃子」が出店を開始いたしました。まずは都内3つの店舗(日本橋店・学芸大学前店・大島店)での取り扱いからスタートし、徐々にエリアを拡大していく予定です。「出前館」上の店舗では、今「東京ヴィーガン餃子」公式サイトで販売中の冷凍餃子に加えて、焼き餃子、蒸し餃子、「東京ヴィーガン餃子」を使った野菜たっぷりのお弁当とサラダボウルも同時に販売

「東京ヴィーガン餃子」は、2021年2月5日(金)からサブスクリプションサービスを開始

「東京ヴィーガン餃子」は、2021年2月5日(金)からサブスクリプションサービスを開始します。このサブスクリプションサービスは、東京ヴィーガン餃子が餃子だからできること、餃子を科学する、TOKYOから、世界へをアセットとして創り上げる、未来を共有するサブスクリプションサービスです。東京ヴィーガン餃子が食領域を超えて、さまざまなライフスタイル領域において新たに創り上げていく未来の体験

「東京ヴィーガン餃子」は、渋谷区こどもテーブル団体である10カ所のこども食堂に「東京ヴィーガン餃子」を提供

未来をつなぐ餃子「東京ヴィーガン餃子」は、渋谷区こどもテーブル団体である10カ所のこども食堂に「東京ヴィーガン餃子」を提供しました。「東京ヴィーガン餃子」は『餃子で家族をつなぎ、世界を笑顔で包む』をミッションに、たっぷりの野菜と良質な大豆たんぱくでできた、未来の地球にもからだにもやさしいヴィーガン仕様の餃子で、未来を担う子どもたちの明るい未来づくりを応援するために、この活動を始めました。

株式会社REPUBLI9は「東京ヴィーガン餃子 1.0」を首都圏1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)にて発売

「餃子で家族をつなぎ、世界を笑顔で包む」をミッションに創業した株式会社REPUBLI9は、野菜だけでつくったおいしい餃子「東京ヴィーガン餃子 1.0」を、2020年7月29日(水)から首都圏1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)にて発売しています。現在、先着1000名様限定で先行予約を当社ウェブサイトから受け付けており、商品の発送は8月下旬より順次開始されます。ニラ、に

餃子情報専門サイト-Facebook-

餃子情報専門サイト-Twiiter-

餃子情報専門サイト-Instagram-